今年も全力で物欲を振りかぶって2016

How about this year?

今年も残すところあと少し(数時間)。
年末物欲まとめも3回目となりました。今年もこっそり楽しみにしている人(誰)のために今年も物欲の棚卸しです。

今年の傾向としては、「モノは買っているがこれといって感動したものが少ない」といった感じです。(食べ物の方がありました。)

※紹介画像にのみAmazonアソシエイトを利用しています。

5位 ELECOM電源タップ ACアダプタすっきり6個口

写真:ELECOM電源タップ

仕事場の電源が足りなくなり、持ち合わせの白い電源タップを使っていました。が、やはり見た目が気になる。と言うことで購入したのがこちら。

コンセント口が6つと多い割には見た目もすっきり、コンセント口の向きも側面にひとつ、上面もひとつだけ向きを変えてあるなど、ACアダプタが多い環境では使いやすいですね。あまりに良かったのでもう一つ買い増しました。

4位 テスコム 毛玉取り器 KD778-H

写真:テスコム 毛玉取り器

本当は去年欲しかったアイテム。これまで毛玉取りと言えば電池式を使っていましたが、すぐパワーが弱くなることが難点でした。

写真だと分かりませんが、この毛玉取りの電源はAVアダプター。とにかくパワーが落ちない!!ACアダプターは1.9mほどあるので、毛玉をとる時の取り回しも苦ではありません。

3位 mofua プレミアムマイクロファイバー 着る毛布(ポンチョタイプ)

写真:mofua 着る毛布(ポンチョタイプ)

冬の朝、仕事場を電気ストーブとホットカーペットで暖めようと思ってもなかなか暖まりません。暖まったと思っても一旦部屋を出ればそこは冬の空気が待っています。

昨冬は mofua の毛布にくるまって(笑)作業をしていましたが、部屋を離れるときは毛布を置いていかねばなりません。ということで、これを買いました。サムガーリーさんにおすすめです。

2位 カメラ周りいろいろ

写真:EOS 6D ボディ写真:JETGLIDE3 (S)写真:TOSHIBA FlashAir

CANON EOS 6D

APSCの画質が気になってきたので、今年はデジカメ周りを一新。先代の EOS 50D は気がついたら10年も使ってたのですね。せっかくのフルサイズ機になったので、カメラ資産の一部をドナドナしてレンズもマクロなプラナー標準ズームに買い換えました。(前者はディスコン情報から、後者は人を撮る用ができたからです。)大体毎日持ち歩いています。

JETGLIDE 3

しばらくは先代のストラップ(ACRU)を使っていましたが、子供をおんぶしてカメラを横にさげるのはブラブラして危なっかしい(子供もカメラも)。そこでストラップの長さを自由に調整でき、体にぴったりと寄せられる JETGLIDE 3 を購入しました。

50mmと幅広なので、重いフルサイズ機でも意外と楽です。(一度縫製が切れてカメラ落ちかけましたが…。新品交換してもらいました。)SとMの2サイズがありますが、女性はSでいいと思います。

TOSHIBA FlashAir

記憶メディアは先代機のコンパクトフラッシュが使えなくなったため、FlashAir を導入。カメラ本体にもWifi通信機能が付いていますが、オンオフ操作が必要なので FlashAir のほうが断然早いです。ただ、たくさん撮ったときやRAWの場合はカードリーダーから取り込むのが断然早いですね。

今年は久々に1年間毎日撮ってアップするなどをやっていましたが(今日完遂しました)、途中から 6D + FlashAir + iPhone という組み合わせにしたので以前よりは楽でした(笑)。

マキタ 充電式クリーナ CL105DWI

写真:EOS 6D ボディ

「通販生活」購読時からずっと気になっていた掃除機で、買ったというか、プレゼントにリクエストしていた品^^;。友達も「買って良かった!」というもんですから、掃除が趣味みたいな私としては欲しくてたまらなかったのです。

マキタの充電式クリーナーはタイプが多く、選ぶところから悩みます。電池のタイプ、内蔵か取り外しか、紙パックかカプセル式か…。結果、内蔵充電池で紙パック式のCL105Dにしました。色はやっぱり白でしょ。(これを書くために調べていたら、購入した翌月に新製品がでておりました。orz)

最近は、駅やビルの清掃員の方が使っているのをよく目にします。軽くて電池の持ちもよく、場所もとりません。肝心の吸引実力ですが、やはり家埃程度が限界のようです。車の掃除で試してみましたが、1mm程度の小石を吸うには少し力が足りませんでした。

もともと仕事場用に導入しましたが、家にも一台欲しくなりました。それくらい便利。

まとめ

いつもならが、あれがよかった、これがすごかったとホイホイ思いつくのですが、今年はあまり思いつかず、地味なランキングとなりました。来年は面白い商品に出会えるといいなーなんて思ってます。

ということで、本年もろくに大したことも書いてはおりませんでしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。それでは、よいお年を。

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(後編 – 地元)

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(前編)からの続きです。

地元のコミュニティ運営に参加する

もう一つの活動が TEDxHamamatsu
ここのメディアチーム(広報)としてWebサイトの運営からメンテナンスなどを担当しています。

参加するきっかけは先(前編)にも挙げた「地元のつながりが希薄なことに危機感を抱いた」こと。

自分と子供とまわりと

地元に戻って約5年、生活基盤もすっかり復活しました。
そのなかで、この先も静岡で暮らしていくなら、さまざまな人と関わりながら楽しく暮らしたいし、子供にも人や環境を通じていい刺激を与えたいな、と私は考えるようになっていきます。

TEDxHamamatsuでは、仕事では縁がないような職種や年代の方々と関われたり、使いどころの無かったスキル(※2)を役立てるよい機会になりました。不勉強を感じた分野(※3)は、さらに深く勉強するモチベーションをいただきましたし(笑)。

とにかく“ワクワクすること”の連続です。なんと言えばいいのでしょうか、インターネットにはじめて触れて世界が広がった10代の頃のような…。それに近いものを感じています。

未来へのタネを蒔こう

私の本職はWebデザイナー(主としてマークアップエンジニア)です。著作権とWebアクセシビリティに興味があって、趣味は写真とその展示。仕事内容は分業化が進んで得意分野だけが深くなっていき、この先に少なからず不安があります。

そんな人がこうして仕事以外のプロジェクトに関わり、写真や著作権の勉強で得たものを外に向けて使うことができました。自身のためだけにしてきたことが、仕事へと繋がるのではないかと自分に新しい可能性を感じたのです。また、広報というプロジェクト全体を見渡す役割を担うことで、俯瞰的にものを見る目も一層養われました。

思うに、自分の得意なことや職能で仕事と関係のないプロジェクトに関わることは、未来の自分へのタネを蒔く行為なのではないでしょうか。

考えるだけでワクワクするということ

「TEDx は価値のあるアイデアを広めるという活動である以前に、地域コミュニティである」とはオーガナイザー氏がよく口にする言葉ですが、季節ごとのスタッフ同士の集まりや、国内外の TEDx との交流にそれらがよく現れています。

そのローカルコミュニティは、TEDx という名の下この地域にとどまらず日本各地、ひいては世界に広がっている。それを考えただけでワクワクするのは私だけでしょうか?

2016年、とにもかくにも自分の居ていいと思える場所がやっと見つかったなーという気持ちです。この先も、そんなワクワクする気持ちは続きます。

後編最後に、そのワクワクってこんな感じかなーと思う TED Talk を張っておきますね。

“大規模多人数同時参加型” 指相撲?


※2 Lightroomでのアップロードや、写真展示で培ったパネル張りとか(笑)。
※3 知識のつまみ食いに過ぎなかった著作権分野。


まとめ:2016年は「しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね」

思考の整理と備忘録として、今年の活動を振り返りました。

昨年からなんとなく感じていた“波”と、それを後押しするような内容の2016年の占い。今年は「適度なよい思い込みは人生の杖」として、いつもなら信じない占いを頼りに突っ走った結果がこんな感じです(元来出たとこ勝負のアドリブ師で生きていますがw
)。ここに書き切れないほど、他にもたくさんのことがありました。

冷静に考えれば積極的に動いた結果なのかもしれません。ただ、2016年は今までになく「しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね」を実感した年であり、また、受動的に考え行動する自分から、「今の私にできることは何だろう」と能動的に行動する自分にスイッチが切り替わった一年でもありました。

さて、今年のマジメ記事はこれで終わりです。最後までお読みくださりありがとうございました。
そして、今年ご縁のあった全ての方にお礼申しあげます。

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(前編 – 仕事)

今年は4月にフリーランサーになり、業務以外で二つの活動を行いました。

  1. 仕事に関連したイベント運営に参加する
  2. 地元のコミュニティ運営に参加する

独立してから初の年の瀬、この二つを通して今年を振り返ってみようと思います。
(相も変わらず長いので、前編後編でお届けします。)

仕事に関連したイベント運営に参加する

今年、二つのイベントに運営スタッフとして参加しました。
ひとつはコマンドシフトシズオカ(通称シフシズ、運営は現CSS Nite in SHIZUOKA と同じメンバー)です。

1月3月と勉強会で発表する機会をいただき、その流れでスタッフしてみたら?と声をかけてもらったことが参加のきっかけです。

これまで勉強会といえば、もっぱら参加する方だった私。スタッフには興味があったものの、「勤めとの両立」が不安で二の足を踏んでいました。

社会人になって十数年、地元には勤め先と趣味のつながりくらいしかない自分がいました。そのうえ仕事上の“知”は都市部に集まりやすいため、自然と意識はそちらに向く。いかに地元を見ていなかったが自分の中に露呈したわけです。地に足が付いていないのはまずいなー、と。

西部の制作者はどこにいる?

さて、晴れてシフシズスタッフとなったわけですが、「参加者の高年齢化」と「集客のしづらさ」という問題を知ります。CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.5 のときには、県西部からの参加者が少ないことも気になっていました。

ここで私の頭に浮かぶのです。「西部の制作者はどこにいるの?」と。県西部には中〜小規模の制作会社が多く、Web制作に従事している人はいるはずなんですけどね。(自分の所属先の人ぐらいしか知らないなぁ…というのが他スタッフの意見でもあります。)

「東海道新幹線に乗ると、いつまでたっても静岡だ。」と多くの人が言うように、とにかく東西に長い静岡県。「商業の街・静岡市」と「ものつくりの街・浜松市」というタイプの違う政令指定都市を抱えますが、それを背景に制作者が求めるニーズも参加意識も違うなという印象(※1)をもっています。(長くなるのでそこは割愛します。)

そして、制作者向け勉強会は静岡市で多く開催されます。県西部からでは交通の便がネック(※2)になって参加を躊躇したり、そもそも勉強会があることを知らなかったり…。わざわざ出かける気になれない人が多いのかも知れません。まぁ、これはあくまで私の推論ですが。

ならば自分で確かめてみよう

それなら自分で確かめてみよう、と始めたのが「浜松でWebのこと話そう会(@hamaweb_meetup)」。とあるきっかけで知り合ったITざっくばらん会の中の人に「テーマを絞ると人は集まらないよ」と聞いたことを思いだし、「働き方」をテーマとしました。

当日は現役の方をはじめ、Webを仕事領域にしたいグラフィックデザイナーや、Web業界に転職したいと考える10代、20代の方も参加してくださいました。

地元で仲間が欲しいという需要

その広報活動の中で気づいたのが「地元で仲間が欲しい人いるんじゃないのかな?」ということ。参加できなかった方からは「勉強中の身なので地元に仲間が欲しい」といった声もあり、制作者コミュニティの潜在的需要の裏も取れました。

また他方では「社会に出てからWeb制作の勉強をして、この先どう進んでいいか悩んでいる。だけれども(CSS Nite などの)勉強会は敷居が高いな。」といった方もいます。

そんなこともあり、来年はそのような層の受け皿となれるような活動をしてきたいと思っています。

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(後編)に続きます。


※1 私が静岡東部の事情に疎いため、どうしても中部・西部の比較になってしまいます。ごめんなさい。

※2 浜松→静岡間は片道約1時間弱。東西に走る私鉄が無いためJR網は若干高くつき、本数も多くはないため不便なのです。そうなると主な移動手段は自動車なのですが、慣れない土地に1時間半もかけてとなると…人によっては「うーん」となってしまうのですね。(バイパスが無料化されているため、有料高速道路は使われない傾向があります。)

CSS Nite Shift に初参加しました

写真:スクリーンに投影された Shift10 ロゴ

過日12月17日(土)のことですが、CSS Nite Shift10:Webデザイン行く年来る年 に参加してきました。

CSS Nite は LP3 の頃から参加(ブランクはありますが^^;)しているにも関わらず、年末の Shift には初参加。今回は静岡県に縁のある方々が多く登壇するということや、スタッフをしているシフシズのメンバーも多く参加するということで、とても楽しみにしていました。

私の中で都市部の勉強会やセミナーに参加する目的は二つあります。

一つ目は、もちろんトップランナーの方々のお話やノウハウをお聞きすること。
そして二つ目は、こういった場でしかお目にかかれない方とお話しすること。私は「懇親会からが本番」派なのです。(下戸ですがw)

最近の私と言えばもっぱらマークアップの日々。また、興味関心もそちらに向きがちなので、Web に関する全トピックを深く追うことが難しい状況です。「何が分からないのか分からない」状況を自分の中で無くしておくためにも、このような一年を振り返るイベントはとても貴重な機会ととらえています。

ツールの進化がめまぐるしい昨今、Web上で解説を読んでも使いどころが分からないことが多く、セッション中のデモを見ることで「おお!」と言うことありました。(それ自体、単に“寄る年波問題”ではありますが…。)

そして、今回の懇親会はがっつり(笑)参加しました。二次会まで行くのは実に LP4 以来ですね。
(LP3, 4 参加してましたーと話すと、大体が懐かしい!と言われますw。)

先に挙げたシフシズは、CSS Nite in SHIZUOKA 実行委員会スタッフが運営する勉強会グループです。そのため、懇親会に参加された他の地方版の方に盛り上がりの秘訣や、若年層の集客についてお話をうかがったりしました。もちろんその土地柄の影響も多くありますが、それをふまえてどのように活動していけばよいかを考えるヒントになりました。

今年は都市部の方だけでなく地方で活動されている方にもお会いし、多くの刺激をいただきました。この先も暮らしていくであろう静岡で、自分にできることはなにか、どうすればよいかを改めて考えた1日でした。このことは改めて書こうと思います。

余談ですが、懇親会での長谷川恭久さん(基調講演で登壇)の iPad Pro パフォーマンスに魅了されたので、次年度の経費予定に組み込んでおきましたw。

静岡よ、あれが UX の灯だ

夏から秋にかけての放置が定番化してきた当ブログですが、今日は意識低いポエム(UXへの所感)を書いてみようと思います。

UX という言葉と私

出産で現場を離れたころ…でしたか、この「UX」という言葉を聞くようになったのは。たかだか数年前のことです。離職してからしばらくは Web のことは全く考えていなかったので、復業してからの盛り上がりにびっくりした覚えがあります。

もうね、浦島太郎状態。
しばらくは休んでいる間に出てきた技術やらなんやらを習得することに精一杯で、UX についてはなおざりにしていました。「UX」という“もやっと”した語感も、その一因だったと思います。周囲もそれほどその言葉を使っていませんしね。

浦島、手がかりを見つける

私は正直言うと「UX」がどういうものか分かっていません(笑)。
「UX」という言葉が一人歩きして、その本質が見えづらくなっている感じを受けます。

でも待てよ…、と。
私の頭の中には「ユーザー体験」や「ペルソナ」という離職前に覚えた言葉、意識していた言葉が見つかります。それって、そういえばどこに行ってしまったのだろう?いまでも(Web業界的に)使われている言葉なのかな…?と。

そもそも「UX」は User experience。「ユーザー体験」ですよね?ユーザーのことを考えた制作とは、UI やアクセシビリティもその一部なのかな…。

あれ?もしかしたら、知らないうちに“UX”を意識して仕事していたのでは…。

ならば、はっきりさせよう

個人の活動をはじめて約1年が過ぎました。
声を掛けていただくこともぼちぼちあり、そろそろ技術系だけでなく知識の幅をまた広げていく段階かなと感じています。「UX にもやっとしているなら、この際はっきりさせよう。このモヤモヤの原因はなんなんだ!」と思う余裕も出てきました。

でもね、UX を勉強できる場って都市部ばかり…。地方の子持ち兼業主婦はヒョイと行けません。

どうしようかな…そう思っていたときです。シフシズでUXデザイナーの坂本貴史さんをお招きし、セミナーを開催することが決まりました。坂本さんは「IA/UXプラクティス モバイル情報アーキテクチャとUXデザイン」の著者でもいらっしゃいます。

私はシフシズスタッフとしての参加ですが、この機会に「UX のモヤモヤ」を晴らしてこようと思っています。このモヤモヤの原因はなんなんだ!

同じように静岡でモヤモヤしている人、年初にすっきり晴らして UX の灯を見つけましょう!