[AccFes] アクセシビリティについて、たとえば小さなフリーランサーができることは

5月18日、神戸市で開催されたアクセシビリティの祭典に参加をした。

5月の第3木曜日は世界的にアクセシビリティについて考える「Global Accessibility Awareness Day (GAAD)」。それに合わせて開催されたイベントである。

デジタル(Web、ソフトウェア、モバイルなど)のアクセシビリティとさまざまな障害のあるユーザーについて、みんなで話したり、考えたり、学んだりする機会を持つことです。(via: GAAD

当日はウェブに関わる方のセッションをはじめ、支援技術やデバイスの展示など、多くの人が会した。

イベントの雰囲気やセッションについては、公式サイトや Togetter を見ていただくとして、いち参加者として考えたことを書いてみようと思う。

※ この記事でのアクセシビリティとは、主にウェブアクセシビリティを指す。

大きなA11y、小さなA11y

A11yとは“Accessibility”の略である。そう、長い。
Aとyの間に11文字あるので、そう略されるようだ。

今回の祭典は、始発の新幹線で神戸に入り、朝イチから参加をした。
全体を通して感じたのは、チームやプロダクト、上流工程から関わる受託案件に話が寄っていたなということ。そこに集まるのはアクセシビリティを推進していたり、ウェブを作るうえでの重要事項として高い興味を持っている人たちなので、そうなることは必然的だ。

それはさておき、障害者差別解消法が施行されてから1年が経ち、いろいろなウェブサービス企業でのアクセシビリティの取り組みを聞くようになった。

企業がアクセシビリティに取り組むこと、それが社会的意義のあることだと認知され、チームでの取り組む姿勢や、プロダクトをアクセシブルにすることなど話題に欠かない。非常に素晴らしいことだと思う。

こういった流れを仮に「大きなA11y」としよう。反対に、予算や規模の小さい案件、それにおける下流工程、小さな現場での取り組みなどの流れを「小さなA11y」とする。

図:大きなA11y、小さなA11yのイメージ

私は「小さなA11y」に属するフリーランサーだ。コーディングのみの案件や、小さな商店のウェブサイトを主に制作している。仕事の大半が納期との戦いだったり、アクセシビリティ以前の問題(とりあえず作りたい、売上げを伸ばしたいなど)を抱えていることが多い。そしてほとんどの場合で、アクセシビリティは制作者の良心に任せられている。

そんな「小さなA11y」において、アクセシビリティに取り組む意義とはなにか、それがこの先、仕事にどう繋がっていくのかと考えていた。

とはいえ、参加が無意味だったかのかといえば、それは違う。
神戸市の取り組みはアクセシビリティ継続には組織性が大事だと教えてくれたし、初めて目にするユーザビリティテストは、新しい物の見方を提供してくれた。

エンタメ要素あり、ハイエンドな内容あり、違う価値観、アプローチを楽しく感じ取ることができた1日であったのだ。そして小さなフリーランサーとして何ができるか、あらためて考えた1日でもあった。

アクセシビリティに取り組みたい小さなフリーランサーに、なにができるか

では、私のような小さなフリーランサーにできることはなにか。
すでに実践しているものも含め、思いつくままにいくつか挙げてみる。

  • 自分ひとりでできること
    • 自分の技術の精度を上げる、磨く
    • アクセシビリティに取り組めるプロジェクトを自ら持つ
    • イベントに参加する、ブログに書く
  • 周りの人(制作者)とできること
    • 自分なりの啓蒙ツールを作る(精神の再翻訳)
    • パートナー先やローカルでの啓蒙活動(勉強会)
    • 勉強会でLTする
  • 第三者にできること
    • 中小の経営者層への相談窓口になってみる
    • 自治体の広報モニターをしてみる

実に地味である。
アクセシビリティはUXなどに比べて“キラキラ感”が足りない、効果が見えにくいといった話題も質疑応答セッションで挙がった。しかし、私の周囲においては、まだまだこの地味な活動が有効ではないかと思っている。

図:自分ひとりでできること、周りの人とできること、第三者にできることのイメージ

自分ひとりでできること

ひとりで勉強すること、そしてそれを実践する場を持つこと。
自分のブログでも、ボランティアのサイト運営でも、何でもいいと思う。

周りの人とできること

自分の周りの制作者の温度感に合わせて、アクセシビリティを再翻訳してみる。言い換えるなら、先に立ってアクセシビリティを推進している人たちの言葉を再構築してみる。

どうすれば身近な問題と捉えてもらえるか、どんな情報がインパクトを与えるか。素材にできるものは以前より増えている。それらを使って自分のツールを作ってみる。

それをもって勉強会を開いたり、自らLTをしてみる。

第三者にできること

どこの自治体にも広報誌というものがある。そして広報モニターというものもある。広報誌にとどまらず、ウェブサイトやラジオ番組などもモニターの範囲に含まれる。自分の住んでいる自治体の広報モニターになって小さな一石を投じてみる。

これはもう少し先の話かもしれないが、地域社会でアクセシビリティの機運が高まったら相談窓口になってみる。組織に属さないからこそ、自由な活動ができる。

とにかくローカルで声をあげ続けること。
「小さなA11y」を自分の周りから広げていく、小さなフリーランスの役割は“やはり”そこなのだなと考えている。

まとめ

アクセシビリティは公共性の高い問題だ。本当のところは“大きい”も“小さい”もない。そしていろいろな視点を通して語られる・語っていい問題だと思う。関わる人によって見える世界が違うように、考えるアクセシビリティもまた違うのだ。

そして、いきなり高尚なことをしたりする必要はないとも思う。GAAD のサイトにもこのように書かれている。

テクノロジーを障害のある人々に対してアクセシブルにしたり、その使い勝手を向上させたりすることに関心がある人でも、現実にはどのように何から着手すればよいかが分からないことが少なくありません。まずは、知ることから始めましょう。(via: GAAD

興味があるのなら、まずは知ることから始めよう。それこそがアクセシビリティへの第一歩である。そして、そんな人々の助けになるような制作者となれるよう、私は引き続き目指していきたい。


P.S. 1さまざまな価値観や意見に触れ、考えを深める場を作ってくださったアイ・コラボレーション神戸、およびインフォアクシアのみなさまに、あらためまして感謝申しあげます。来年はもう少し勉強して参加します。

P.S. 2 懇親会でアクセシビリティおじさんに「アクセシビリティかあさん」を公認いただいたので、今後は肩書きに加えようと思います。

「コンテンツ」と「コミュニケーション」の関係がいまいちピンとこないあなたへ

先日、CSS Nite in SHIZUOKA 新代表の池田さんがこんなブログ記事を書かれた。(未読の方はぜひ読んでみて欲しい。)

CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.6のテーマについて|池田僚介

今回のテーマは、運営スタッフ間の議論で『コンテンツ』と『コミュニケーション』というキーワードに至ったことが、キッカケとなります。

今回の静岡版CSS Niteのテーマは「制作者・クライアントそしてユーザーへ、伝える伝わるWebコンテンツ制作」である。しかしながら、当初は「コンテンツ」と「コミュニケーション」の関係性があまり消化できていなかった。自分のなかの“モヤモヤ”を棚卸ししながら今回は書いてみたい。

作り手と読み手のコミュニケーション

人間というものは面白いもので、気になるキーワードが心の中にあると、それに関した事柄が目に入りやすくなる。引き寄せとでも言うのだろうか。

そんなさなか、数日前にこんな記事を読んだ。
筆者は「北欧、暮らしの道具店」を手がけるクラシコム代表の青木さん。

イベントで寄せられた質問に筆者が回答を寄せているのだが、腑に落ちる部分があった。

コンテンツをつくって、それが流れていくことは無駄なことではない。 – クラシコムジャーナル

「僕はコンテンツをつくる時(あるいはコンテンツづくりに関わる時)一つ一つのコンテンツを「作品」とか「資産」とは思っていないのかもしれません。僕にとってコンテンツをつくり、リリースすることは「コミュニケーション」の一つの手段だと思っています。

僕がしたいことは何かの意見や、情報や、表現を広く伝えたり、世に問うたりすることではなくて、コンテンツを通じた「コミュニケーション」によって読者に喜んでもらうことや、それを積み重ねることで良い関係をつくり、メンテナンスし続けることです。

ああ、そう言うことか。
それならこのブログを始めた時から、既にやっているのでは?

読み手のことを考えながら自分のアウトプットとして記事(コンテンツ)を書く、役に立てたらいいなーと思う。これこそコミュニケーションじゃないのか。(結局考えすぎて遅筆、お蔵入りになってしまうのだけど…。)

このブログは2005年に始めてもう12年になるけれど、そんな気持ちで書いた記事はいまだにアクセスがある。

MovableTypeでスタートしたこのサイトだが、WordPressに移行し、SSL化をしたり、ディレクトリ構造・パーマリンク設定を変更するなどを経ているが、その都度 301リダイレクトをして訪問者が迷わないようにメンテナンスをしてきた。先ほど引用した言葉を借りるのであれば、このようなコンテンツのメンテナンスだって立派なコミュニケーションではないだろうか?

つまりは「読み手」のことを考えているか、ということだ。

作り手同士のコミュニケーション

読み手という側面からの「コンテンツ」と「コミュニケーション」は腑に落ちた。ならば、コンテンツを生みだす制作の現場でのコミュニケーションはどうだろうか?

先日、CSS Nite in SHIZUOKA Vol.6 の登壇者でもある森田哲生さんの著書「書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室」を拝読した。

「相手がまだ知らないかもしれないこと」を伝えるときに、まずは、「自分も相手も知っていること」を入口にして、互いの視線を合わせてからスタートすることが肝心だと思っています。

「おわりに」で森田さんはこのように書いている。これは同著の要ともいえる点であるが、「互いの視線を合わせてからスタートすること」は、伝えたいことを伝えるために最も重要なことだと私も思う。

それは作り手と読み手だけでなく、コンテンツを作る制作者同士でもいえることだ。クライアントと営業、営業と制作、ディレクターとデザイナー、デザイナーとコーダー・エンジニア…思い当たる節はひとつやふたつではないはず…だ。

「伝えたい」ことを上手く伝えられれば、聞き出せたら…いま流行の「タラレバ」ではないが、そこで堂々巡りしていてはもったいない。幸いして多くのアイデアや手法、ツールがインターネットを介して利用できる時代である。テクニックやツールでカバーできる点はどんどん活用し、さらにはよりよいコンテンツを作っていくことができると思う。

すべての人に共通した正解はないが、ヒントは得られるはず

このように、ウェブ制作においても「作り手と読み手」、作り手と作り手」とさまざまなコミュニケーションがある。また、デジタル時代においてコミュニケーションの手段が手軽になった反面、その質を問われることが多くなった気がしている。

だからこそ、CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.6 でいまいちど「コンテンツとコミュニケーション」のことを考えてみたい。すべての人に共通する完璧な解答はないが、「!」と思うヒントはすべての人が得られるはずである。

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(後編 – 地元)

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(前編)からの続きです。

地元のコミュニティ運営に参加する

もう一つの活動が TEDxHamamatsu
ここのメディアチーム(広報)としてWebサイトの運営からメンテナンスなどを担当しています。

参加するきっかけは先(前編)にも挙げた「地元のつながりが希薄なことに危機感を抱いた」こと。

自分と子供とまわりと

地元に戻って約5年、生活基盤もすっかり復活しました。
そのなかで、この先も静岡で暮らしていくなら、さまざまな人と関わりながら楽しく暮らしたいし、子供にも人や環境を通じていい刺激を与えたいな、と私は考えるようになっていきます。

TEDxHamamatsuでは、仕事では縁がないような職種や年代の方々と関われたり、使いどころの無かったスキル(※2)を役立てるよい機会になりました。不勉強を感じた分野(※3)は、さらに深く勉強するモチベーションをいただきましたし(笑)。

とにかく“ワクワクすること”の連続です。なんと言えばいいのでしょうか、インターネットにはじめて触れて世界が広がった10代の頃のような…。それに近いものを感じています。

未来へのタネを蒔こう

私の本職はWebデザイナー(主としてマークアップエンジニア)です。著作権とWebアクセシビリティに興味があって、趣味は写真とその展示。仕事内容は分業化が進んで得意分野だけが深くなっていき、この先に少なからず不安があります。

そんな人がこうして仕事以外のプロジェクトに関わり、写真や著作権の勉強で得たものを外に向けて使うことができました。自身のためだけにしてきたことが、仕事へと繋がるのではないかと自分に新しい可能性を感じたのです。また、広報というプロジェクト全体を見渡す役割を担うことで、俯瞰的にものを見る目も一層養われました。

思うに、自分の得意なことや職能で仕事と関係のないプロジェクトに関わることは、未来の自分へのタネを蒔く行為なのではないでしょうか。

考えるだけでワクワクするということ

「TEDx は価値のあるアイデアを広めるという活動である以前に、地域コミュニティである」とはオーガナイザー氏がよく口にする言葉ですが、季節ごとのスタッフ同士の集まりや、国内外の TEDx との交流にそれらがよく現れています。

そのローカルコミュニティは、TEDx という名の下この地域にとどまらず日本各地、ひいては世界に広がっている。それを考えただけでワクワクするのは私だけでしょうか?

2016年、とにもかくにも自分の居ていいと思える場所がやっと見つかったなーという気持ちです。この先も、そんなワクワクする気持ちは続きます。

後編最後に、そのワクワクってこんな感じかなーと思う TED Talk を張っておきますね。

“大規模多人数同時参加型” 指相撲?


※2 Lightroomでのアップロードや、写真展示で培ったパネル張りとか(笑)。
※3 知識のつまみ食いに過ぎなかった著作権分野。


まとめ:2016年は「しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね」

思考の整理と備忘録として、今年の活動を振り返りました。

昨年からなんとなく感じていた“波”と、それを後押しするような内容の2016年の占い。今年は「適度なよい思い込みは人生の杖」として、いつもなら信じない占いを頼りに突っ走った結果がこんな感じです(元来出たとこ勝負のアドリブ師で生きていますがw
)。ここに書き切れないほど、他にもたくさんのことがありました。

冷静に考えれば積極的に動いた結果なのかもしれません。ただ、2016年は今までになく「しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね」を実感した年であり、また、受動的に考え行動する自分から、「今の私にできることは何だろう」と能動的に行動する自分にスイッチが切り替わった一年でもありました。

さて、今年のマジメ記事はこれで終わりです。最後までお読みくださりありがとうございました。
そして、今年ご縁のあった全ての方にお礼申しあげます。

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(前編 – 仕事)

今年は4月にフリーランサーになり、業務以外で二つの活動を行いました。

  1. 仕事に関連したイベント運営に参加する
  2. 地元のコミュニティ運営に参加する

独立してから初の年の瀬、この二つを通して今年を振り返ってみようと思います。
(相も変わらず長いので、前編後編でお届けします。)

仕事に関連したイベント運営に参加する

今年、二つのイベントに運営スタッフとして参加しました。
ひとつはコマンドシフトシズオカ(通称シフシズ、運営は現CSS Nite in SHIZUOKA と同じメンバー)です。

1月3月と勉強会で発表する機会をいただき、その流れでスタッフしてみたら?と声をかけてもらったことが参加のきっかけです。

これまで勉強会といえば、もっぱら参加する方だった私。スタッフには興味があったものの、「勤めとの両立」が不安で二の足を踏んでいました。

社会人になって十数年、地元には勤め先と趣味のつながりくらいしかない自分がいました。そのうえ仕事上の“知”は都市部に集まりやすいため、自然と意識はそちらに向く。いかに地元を見ていなかったが自分の中に露呈したわけです。地に足が付いていないのはまずいなー、と。

西部の制作者はどこにいる?

さて、晴れてシフシズスタッフとなったわけですが、「参加者の高年齢化」と「集客のしづらさ」という問題を知ります。CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.5 のときには、県西部からの参加者が少ないことも気になっていました。

ここで私の頭に浮かぶのです。「西部の制作者はどこにいるの?」と。県西部には中〜小規模の制作会社が多く、Web制作に従事している人はいるはずなんですけどね。(自分の所属先の人ぐらいしか知らないなぁ…というのが他スタッフの意見でもあります。)

「東海道新幹線に乗ると、いつまでたっても静岡だ。」と多くの人が言うように、とにかく東西に長い静岡県。「商業の街・静岡市」と「ものつくりの街・浜松市」というタイプの違う政令指定都市を抱えますが、それを背景に制作者が求めるニーズも参加意識も違うなという印象(※1)をもっています。(長くなるのでそこは割愛します。)

そして、制作者向け勉強会は静岡市で多く開催されます。県西部からでは交通の便がネック(※2)になって参加を躊躇したり、そもそも勉強会があることを知らなかったり…。わざわざ出かける気になれない人が多いのかも知れません。まぁ、これはあくまで私の推論ですが。

ならば自分で確かめてみよう

それなら自分で確かめてみよう、と始めたのが「浜松でWebのこと話そう会(@hamaweb_meetup)」。とあるきっかけで知り合ったITざっくばらん会の中の人に「テーマを絞ると人は集まらないよ」と聞いたことを思いだし、「働き方」をテーマとしました。

当日は現役の方をはじめ、Webを仕事領域にしたいグラフィックデザイナーや、Web業界に転職したいと考える10代、20代の方も参加してくださいました。

地元で仲間が欲しいという需要

その広報活動の中で気づいたのが「地元で仲間が欲しい人いるんじゃないのかな?」ということ。参加できなかった方からは「勉強中の身なので地元に仲間が欲しい」といった声もあり、制作者コミュニティの潜在的需要の裏も取れました。

また他方では「社会に出てからWeb制作の勉強をして、この先どう進んでいいか悩んでいる。だけれども(CSS Nite などの)勉強会は敷居が高いな。」といった方もいます。

そんなこともあり、来年はそのような層の受け皿となれるような活動をしてきたいと思っています。

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(後編)に続きます。


※1 私が静岡東部の事情に疎いため、どうしても中部・西部の比較になってしまいます。ごめんなさい。

※2 浜松→静岡間は片道約1時間弱。東西に走る私鉄が無いためJR網は若干高くつき、本数も多くはないため不便なのです。そうなると主な移動手段は自動車なのですが、慣れない土地に1時間半もかけてとなると…人によっては「うーん」となってしまうのですね。(バイパスが無料化されているため、有料高速道路は使われない傾向があります。)

CSS Nite Shift に初参加しました

写真:スクリーンに投影された Shift10 ロゴ

過日12月17日(土)のことですが、CSS Nite Shift10:Webデザイン行く年来る年 に参加してきました。

CSS Nite は LP3 の頃から参加(ブランクはありますが^^;)しているにも関わらず、年末の Shift には初参加。今回は静岡県に縁のある方々が多く登壇するということや、スタッフをしているシフシズのメンバーも多く参加するということで、とても楽しみにしていました。

私の中で都市部の勉強会やセミナーに参加する目的は二つあります。

一つ目は、もちろんトップランナーの方々のお話やノウハウをお聞きすること。
そして二つ目は、こういった場でしかお目にかかれない方とお話しすること。私は「懇親会からが本番」派なのです。(下戸ですがw)

最近の私と言えばもっぱらマークアップの日々。また、興味関心もそちらに向きがちなので、Web に関する全トピックを深く追うことが難しい状況です。「何が分からないのか分からない」状況を自分の中で無くしておくためにも、このような一年を振り返るイベントはとても貴重な機会ととらえています。

ツールの進化がめまぐるしい昨今、Web上で解説を読んでも使いどころが分からないことが多く、セッション中のデモを見ることで「おお!」と言うことありました。(それ自体、単に“寄る年波問題”ではありますが…。)

そして、今回の懇親会はがっつり(笑)参加しました。二次会まで行くのは実に LP4 以来ですね。
(LP3, 4 参加してましたーと話すと、大体が懐かしい!と言われますw。)

先に挙げたシフシズは、CSS Nite in SHIZUOKA 実行委員会スタッフが運営する勉強会グループです。そのため、懇親会に参加された他の地方版の方に盛り上がりの秘訣や、若年層の集客についてお話をうかがったりしました。もちろんその土地柄の影響も多くありますが、それをふまえてどのように活動していけばよいかを考えるヒントになりました。

今年は都市部の方だけでなく地方で活動されている方にもお会いし、多くの刺激をいただきました。この先も暮らしていくであろう静岡で、自分にできることはなにか、どうすればよいかを改めて考えた1日でした。このことは改めて書こうと思います。

余談ですが、懇親会での長谷川恭久さん(基調講演で登壇)の iPad Pro パフォーマンスに魅了されたので、次年度の経費予定に組み込んでおきましたw。