EyeEm のススメ、2015

写真共有サービス「EyeEm」(アイエム)を使い始めて1年が過ぎました。
だんだん面白さが分かってきたので、ちょっとここいらでまとめてみようと思います。

そもそも EyeEm とは

日立ソリューションズ IT用語辞典によれば…

EyeEmとは、EyeEm Mobile GmbHが運営するiOSおよびAndroid向けの写真共有アプリである。
写真を撮影する際に、上下左右にスワイプすることで多数用意されているフレームとフィルターを切り替えることができ、撮影した画像のトリミングなども可能である。撮影した写真は、トピックスと場所を追加して、投稿することができる。

これだけだと、今が旬(?)の Instagram と何が違うのー?って感じですが、1年使った皮膚感覚では “Instagram の気軽さ手軽さ”と “Flickr のコミュニケーション機能”を取って合わせたのが EyeEm だと思っています。

EyeEm との出会い

2014年4月頃だったでしょうか。Twitter のタイムラインに 写真雑誌の「PHaT PHOTO」と EyeEm がコラボしてコンテストをするよーというのが流れてきまして。それにはかすりもしませんでしたが、Instagram に不満があったことと、EyeEm の魅力にはまって今に至ります。

普段の撮影はデジタル一眼とフィルムカメラですが、EyeEm はモバイルだけで楽しもうと思い、撮影機材は iPhone 5s とサンワサプライの拡張レンズ、撮影アプリはCamera+、フォトエディターは EyeEmEnlight を併用しています。

EyeEm のススメ

EyeEm は無料のサービス(アプリ)なので、ユーザー登録さえすればすぐ始められます。でも Instagram との違いが分かりにくいと思うので、違いと惚れ込んでいる点とを挙げてみます。

写真のクオリティが高い

Instagram は「写真版 Twitter」 ともいわれるほど“コミュニケーションとしての写真”アプリですが、EyeEm は“作品として意識した写真”をアップしている人が多いように感じます。なので、クオリティが高めの写真が多くアップされています。

写真のフォーマットは Instagram のような真四角だけではなく、どんなサイズの写真でも(パノラマでも!)アップできます。

パノラマもアップできる

最近はどのアプリも編集機能に力を入れていて“竹の子の背比べ状態”ですが、EyeEm はフィルターをスワイプで切り替えられるのがいいなーと思っています。

EyeEmの編集、投稿画面

それから、ユーザーが写真に適用した効果をそっくりまねできる「Open Edit」という機能があるんですが、これが結構勉強になります。

ミッションで技を磨く

ミッションとは、EyeEm 内でいつも何かしら開かれている写真コンテスト。入選すると報償がもらえるそうです。企業がスポンサーのミッションもあれば、EyeEm が主催のものもあります。 ちょうど先日から The 2015 EyeEm Photography Festival & Awards が始まったばかり。

ミッションの募集画面

新しい写真との出会いが豊富

Instagram で一番不満に思っていたのが「未知との出会いが少なくなってしまった」ということ。検索性も悪いですしね。(そこは改善していくらしいですが。)

EyeEmの検索結果画面

その点、EyeEm ではアルバム(タグ)という単位でダッシュボード(メイン画面)が構成されているので、アルバムに追加された写真を一覧で見ることができます。ダッシュボードに表示されるアルバムは毎回ランダムなので、未知の写真との出会いが沢山あるというわけです。ここが Flickr っぽいかなという思うゆえんです。

EyeEmのダッシュボード

もちろん、Instagram のように気に入ったユーザーは友だちとしてフォローすることもできるし、写真に“いいね(ハート)”を付けることもできます。

コミュニティの形成に積極的

EyeEm は Webサイトのトップに“A community & marketplace for real photography”と掲げるだけあって、インターネット外(リアル)でのコミュニティ形成に積極的な印象があります。

年に何回か EyeEm Meetup や Global EyeEm Adventure といった、オフラインでのイベントが開催されています。これは全世界から主催者を募り、その地域のユーザーが集まって“フォトウォーク”をするというもの。日本ではやっぱり東京が一番盛んかな。

近々では今週末の6月6日(土)に Golobal EyeEm Adventure が世界40都市で開催されます。日本では東京と静岡。静岡は私がホストをつとめます。お近くの方はぜひ。

写真の販売プラットフォームでもある

去年の秋ぐらいからだったと記憶していますが、EyeEm が写真の販売プラットフォームとしても機能し始めました。登録された写真は独自の EyeEm Market と、 Getty Images と提携した EyeEm コレクション で販売されます。

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本久美子、以下ゲッティ イメージズ)は、高品質モバイル写真コミュニティ、マーケットプレイスであるEyeEm(アイエム)とパートナー提携を結びました。これによりEyeEmの写真を、ゲッティ イメージズとiStockからライセンスできるようになります。
via ゲッティイメージズ プレスリリース

最近のアップデートで、アプリから直接販売申請できるようになりました。
私は現在100点近く Market にアップしてますが、やーっと1点売れたところです。(これについてはまた後日。)

まとめ

まぁ早い話が「モバイルフォトグラファーなら EyeEm 使っときなよ!」ということです(笑)。
でも残念な点もあって、アプリは日本語化されているのに、ミッションの説明や Market が英語のみということ。私は好き者なので辞書を引きつつやってますが、まだちょっと敷居が高いですね。

でも、日本で一番 EyeEm の情報が多い(と思う)ブログ favLife with iPhoneや、日本ユーザー有志のFacebookグループ(承認制)があるので、そこをのぞいてみるのも良いかもしれません。

ということで、長々と EyeEm愛を語ってみました。
あ、最後になりましたが私はここにいます

Exiftools で写真データのリネーム&整理をスマートに

pho_20141202

夏の暑さと Macbook Air のメモリ不足と発熱にかまけ、更新をサボっておりました…。(もう冬ですが。)

まあ、そんなこんなで先日 Macbook Pro に買い換えまして、ついでにここ数年のデジタル写真データを整理していました。しかしまぁ、リネームアプリを使っても手作業での整理の面倒なこと。そこで最近お世話になっている“黒い画面”で解決できないかと調べてみました。

そこでたどり着いたのが、Exifデータをあれこれできる「Exiftools」というツール。

デジカメなどで撮影した写真に付加されるexif情報を読んだり書いたりするツール。もともとはperlのモジュールだけど、いまはMac版、Windows版ともにスタンドアロンで実行できるバイナリとしてExifTool by Phil Harveyで配布されているのでperlわからなくても大丈夫。
(via exiftoolを使って写真の情報を管理 – muibrog)

早速導入しましょう。以下は Mac での手順です。

インストール

Exiftools 公式サイトからパッケージをダウンロードするか、homebrew でインストールします。
私はパッケージでインストールしました。

$ brew install exiftool

リネーム

インストールができたらターミナル等で写真データのあるディレクトリに移動し、コマンドを実行します。(以下は一例)

$ exiftool '-FileName < CreateDate' -d %Y%m%d_%H%M%S%%-c.%%e *

これでファイル名が 20141123_160248.jpg (年月日ー時分秒)といった名前に変更されます。
そして、次のコマンドを実行することで、

$ exiftool '-Directory < CreateDate' -d %Y%m%d *"

ファイルが撮影日毎のディレクトリ(例 20141128)に振り分けられます。
アニメーションで見るとこんな感じ。

リネームアニメーション

私はこれらのコマンドを rename という名前でエイリアスに登録して実行しています。

ちなみにこの Exiftool、AppleScript と組み合わせると色々とできるようなのですが、私は単にリネームしてフォルダ分けしたいだけなのでこれで事足りてます。

時は金なり、PCにお任せできることはお任せしてしまいましょう♪

参考記事

WordPressに移行しました

1月にMovableTpe3.34からWordPress2.7(以下WP)へ移行しました。
MT4.xにアップデートするのも考えたのですが、いろんなツールを触っておきたかったので今回はWPに。

WPのインストールでは特につまずかなかったので、データの移行で“わたわた”したことと、導入したプラグイン、テーマについて、今さらな感もありますがメモっておきます。

MT時代のパーマリンクを保持する件

MT時代は投稿日時を拾ってパーマリンク(https://totoco.org/YYYY/MMDD-hhmm.php)としていました。なので、WPではこんな風に設定してます。

/blog/%year%/%monthnum%%day%-%hour%%minute%.php

ただ、これだけでは個別ページのtitle要素やトピックパスのページタイトル部分に日時が表示されてしまいます。ここが今回一番つまずいたところで、解決にかなり時間がかかりました。解決の糸口になったのは以下のページ。

WordPress ? フォーラム ? 個別ページで、titleが「日付+ブログタイトル」になる

パーマリンクを日付と日時ベースにする場合、%year%, %monthnum%, %day%, %hour%, %minute%, %second% の *すべて* が含まれない限り、単体記事としてみなされません (is_single() が true にならない)。
したがって、このパーマリンク設定では、単体記事を表示させても WordPress 自体は単体記事として扱わない (is_single() が false になる) ため、日時アーカイブと判断され、そういうテンプレートが適用されます。

「秒」まで含まれていないと単体記事(個別ページ)として見なされないということらしいです。
このブログは秒だけ違うパーマリンクは存在しないので(そんなに頻繁に更新してないし…)、上記を参考に wp-includes/query.php (WP2.7.1の場合1259行目付近)を以下のように編集、問題無くページタイトルが表示されるようになりました。

} elseif ( ('' !== $qv['hour']) && ('' !== $qv['minute'])  && ('' != $qv['year']) && ('' != $qv['monthnum']) && ('' != $qv['day']) ) {

気をつけないといけないのは、アップデートの度にここを編集すること。2.7から2.7.1にアップデートするときにすっかり忘れていました。おかげで今Googleの検索結果にページタイトル出てないし。

使ってるテーマ

一からデザインし直そうと思ったのですが、必ず停滞してしまうので今のところ「wp.Vicuna Ext.」を使用しています。これをベースに背景画像つけたりして終わりそう…。

標準以外で入れたプラグイン

Broken Link Checker Category Order
デッドリンクをチェックして一覧表示、記事該当箇所をdel要素で上書きする
Category Order
カテゴリの並び替え
Contact Form 7
メールフォームを簡単作成
Dagon Design Sitemap Generator
サイトマップページを作成
flickrRSS
Flickrのフィードからギャラリーを作成
Google XML Sitemaps
sitemap.xmlを作成
Ktai Style
携帯用のページを作成
Lightbox 2
lightbox.jsを簡単導入
My Page Order
ページの並び替え
Nice Trailingslashit
URLの末尾にスラッシュ(/)を追加
Popular Posts
閲覧数をもとに人気のある記事を表示
Post-Plugin Library
Similar Postsを使うのに必要
Similar Posts
個別記事ページやフィードに関連記事の一覧を表示
Simple Tags
タグ付け機能を拡張
Ultimate Google Analytics
Google Analytics を簡単導入
Vicuna Adaptor
はてブの被ブックマーク数表示やはてブ・deliciousに登録ボタンの表示など、wp.Vicuna Ext.を拡張
WordPress.com Stats
アクセス解析を管理画面から見ることができる
WordPress Database Backup
WPのデータをバックアップ、定期的にメールで送信可

DW法被いただきました

スペシャルノベルティの法被先日アップしたDW10周年イベントレポートをAdobeのブログレポート募集に応募しておいたら、掲載のお礼と言うことでスペシャルノベルティの“法被”をいただきました。ありがとうございます:D ひゃっほぅ。
今日仕事場に持っていったのですが、案の定大ウケでした。

この間は遠目からでよく見えなかったのですが、いろいろプリントされてたんですねー。年度末デスマーチはこれ羽織っていっちょ頑張りますか!(笑)

写真:法被前面
写真:法被背面

ポケットもついてますw。
写真:ポケット

続・Dreamweaver10周年記念イベントへ行ってきました

お待たせしました、続き(いや、一番メインのところだ)です。
前回も書きましたがもう一度。今回のイベントはDreamweaver(以下DW)の歴史を知るセクション、10名の勇士によるDWネタ大喜利、そして関連機能と開発中のCS4についてのセクションの3部構成でした。
会場へは12:20頃着き、席は前から3列目という首が疲れるベストポジション。前の座席から引き出すテーブルにはちょっと出入り苦労しましたが…。

Update

08年2月28日
「大喜利3:量産・運用・効率アップ!テンプレート活用事例 」のTips完全版URLを追加
Sneak Peakに関連してIT ProのインタビューURLを追加
08年3月3日
「全角・半角変換拡張機能」のURLを追加
08年3月6日
「大喜利4:DWがあれば、アクセシビリティチェックもできる!」
「大喜利6:Dreamweaverでデザイナとエンジニアが仲良くなる方法」
「大喜利7:ラクラクかんたん!Flash Video組み込み手法」のURLを追加

続きを読む 続・Dreamweaver10周年記念イベントへ行ってきました