[Adventar] 至福の泡のフィルム写真回想録

このエントリーはフィルムカメラ Advent Calendar 3日目の投稿です。
フィルムカメラ、といいつつ、半分はフィルム写真の話に…。

私は、現在ウェブ系のフリーランサーをしています。趣味が高じ、写真作家として活動を始めてもう7年(中断期間はありますが…)、フィルムカメラ歴は30年くらいになりますか。生まれた頃はフィルムカメラが全盛でしたからね。詳しいプロフィールは写真展のページをご覧ください。

“死んだ写真”がとても嫌で…

今年は8月、9月の2ヶ月間にわたりフィルムの写真展をさせてもらいました。

“させてもらいました”というのも、静岡市にあるフェルケール博物館から「ギャラリーで展示しませんか?」とお誘いをいただいたのがきっかけ。

今年行った写真展は4回目。過去の2回の反省を踏まえ、悔いを残さないようにと臨みました。

去年(2016年)3月に行った2回目の個展は、撮りためていたフィルム写真をストーリー仕立てで再構成したもの。10月の3回目は、Canon EOS 6D で撮ったものを Lightroom でガリゴリとフィルム調に加工したもの。

開催後に振り返ると、前者はトンマナの統一が図れてないことが、後者は“死んだ写真”だったのがとても嫌で…。次は「絶対フィルムでの撮り下ろしで、トーンをそろえた写真でやりたい」と思っていたさなかのお誘いでした。

作りたいものを作れ、主題はあとからついてくる

「とりあえず作りたいものを作れ、主題はあとからついてくる」という、忘れられぬ言葉があります。それを胸に構想を練りました。とりあえず決まったのは次の4点。

  • カメラは Hasselblad 500 C/M(Carl Zeiss Planar T* 2.8/80)
  • フィルムは Ilford Delta 100 x 5本
  • 撮る時間帯は同じ
  • 被写体は「波の泡」

私は仕事場に近い海岸でよく撮ります。波の泡がビールの泡みたいで美味しそうだな…というところから、これをテーマに作品を作りたいなと考えていました。(もう閉幕したので告白しますが、写真展タイトルの「Blessed Hours(至福の時)」は“泡s”が由来の駄洒落です。)

しかし子持ち母、撮影する時間がまとめて取れません。そこを逆手にとって、撮影期間は2月〜5月、仕事帰りのマジックアワー10〜15分のみ。そして、天気は荒れ気味なとき。冬の嵐にハッセルは砂まみれになりながら…。

結果、勝手に主題はついてきました。
(心境などは私感に。)

写真:ハッセルのファインダー越しに見る海
ハッセルのフォーカシングスクリーンは、標準のものより明るいアキュートマットスクリーンに換装している(Camera: iPhone SE)

懐は冷えるけど、、も

開催期間は2ヶ月間。
フレームを借りるにも高くつくし、展示スペースが赤茶色のレンガ壁だったため、またも逆手にとり「木製パネル張りにして、プリントに余白を付けてしまえば映えるのではないか」という安直な発想で木製パネル張りに。

余白を2cmにするか5cmにするか悩みましたが、フレーム+マットのイメージに近づけたく5cmに指定しました。木製パネルは40cm角、水張りテープはもちろん黒で。

フィルム写真で展示というと、手焼きなのかな?と思われるのですが、プリントからパネル加工まですべてプロラボにお任せです。今回の展示作品はすべてデジタル出力となるので、お気に入りの一枚だけバライタの手焼きも1枚だけお願いしちゃいました。うん、やっぱり手焼きはいい(笑)。

写真:搬入で展示されるのを待つ木製パネル張りの作品群
作品点数は全部で10点(Camera: Canon EOS 6D)

世界に目を向ければ、まだ

すこし脱線して相棒の話をしましょう(こちらが Advent Calendar の本題ですね)。

最初にフィルムカメラを触ったのは110(ワンテン)という規格のもの。
若い方は馴染みが無いかもしれませんが、いまでも「デジタルハリネズミ」にその面影を残しています。

父からもらった OM-1、学生時代にバイト代をはたいて買った EOS 100、とフィルムカメラを使い、その後は出始めたばかりのデジタルカメラに浮気をしていましたが、2009年頃のフィルムブームでまた戻ってきました。

冒頭の写真は現在持っているフィルムカメラたちです。
写真右上から Hasselblad 500 C/M、ロシア生まれの FED 2、ハーフな Olympus PEN EED、Mamiyaflex Automat B、そして愛機の Olympus OM-1。これに加えて、ディスプレイ用のジャンク蛇腹カメラが2つあります(笑)。Olympusのオールドレンズもいくつか持っており、デジタルの PEN F に取り付けては遊ぶ日々です

フィルムはほぼ白黒。カラーも使いますが、年々高価になっていくので本当に使う機会は少なくなりました。
好きなフィルムは Kodak Tri-X と FUJIFILM PRO 400H。これはワークショップに通っていたときからの受け売りです。

近年、フィルムがどんどん高くなり、数が減り…この先どうしようと少し悲観的になりますね。しかし世界を見渡すと、クラウドファンディングでブランドを再興したり、新しくフィルムを作ったりする人たちもいたりして、個人的にはまだ大丈夫かな…という印象です。実は日本発のフィルムもあったり。

自分の Instagram の反応を見ていると、外国では白黒フィルム写真が人気あるのかなとも感じます。

フィルムね、いいですよ。やっぱり(ざっくり)。今は手の中でいくらでもフィルム調に加工できますが、それはやはり“フィルム調”であり、フィルムではないですから。

写真:Olympus OM-1で撮影した白黒フィルム写真(山手線のホーム)
Camera: Olympus OM-1, G.ZUIKO Auto-S 55mm 1:1.2
Olympus OM-1で撮影した白黒フィルム写真(国立新美術館のガラス壁)
Camera: Olympus OM-1, G.ZUIKO Auto-S 55mm 1:1.2 w/ Lightroom

フィルムは続くよ、どこまでも

写真展、それそのものは実に静かに始まり、静かに終わりました。いつも見に来てくださる方や、遠方から立ち寄ってくださる方もいました。ありがとうございます。

こぢんまりとした展示でしたが、作家としては作品と主題がカチッとはまった非常に満足のいくものでした。写真展には間に合いませんでしたが、Photobackでコンセプトブックも作りましたので、興味のある方はご覧ください。

せっかく作り込んだ作品なので、またどこかで展示できたらいいなと思っています。

フィルムね、いいですよ。続けていきましょ。


明日の フィルムカメラ Advent Calendar は @4_5matworksさんですね。よろしくお願いしまーす。

ドイツ EyeEm からの手紙

黒い封筒の中身。ステッカーとカードと自分の写真をプリントしてくれたもの。

今年の仕事も全部終えて一息ついた今日、黒い封筒が手元にあります。
正確には届いたのは昨日、仕事場にしている処に来ていたのでした。

郵便物置き場になにか黒いモノがある…まさか「ライアーゲーム」の招待状?なんて冗談交じりに見てみると、ベルリンの写真共有サービス EyeEm からのグリーティングカードでした。(EyeEm については以前長々と書いたので、ご興味のある方はそちらを。)

入っていたのは、これまた真っ黒なメッセージカードとステッカーが2枚、そして写真が1枚。写真はEyeEm Market で一番最初に売れた私のものです。

これが送られた背景がまったく分からないのですが、今年は 「EyeEm Adventure in Shizuoka」 を主催したり、EyeEm Market で実験的に写真を売ったりしていたのでその関係かなーと。

外国のサービスから直々にメッセージカードをもらうことなんて初めてなので、なんだかとても感慨深いです。写真を同封してくれるところが心憎い。(プリント紙の手触りが良くて気に入ったったのだけど、国内でこの Kodak 紙流通してるのだろうか??)

投函日が12月15日となっていたので、10日かけて届いたんですね。
嬉しいなぁ、こういうの。来年もがんばろー!

Thanks, EyeEm Team!

【映画】写真好きの人におすすめしたい映画3選

陽気も良くなり、写真を撮りに行きたくなる気持ちが高まって止まらない、にんです。

さてさて、今日はそんな気持ちをさらに高めてくれるような、写真好きの人におすすめしたい映画を3作ご紹介します。私が写真をちゃんと意識するようになってからの映画なので、比較的最近のものばかり&個人の趣味がかなり入っていますが…。

光の使い方を参考にしたい『英国王のスピーチ』

第83回アカデミー賞の作品賞を受賞した作品なので、観た方も多いのかな。
吃音に悩まされていたという英国王ジョージ6世(現英国女王・エリザベス2世の父上)と、言語療法士との友情を描いた作品。

私も受賞後に観に行ったクチだったのですが、とにかく「光のきれいな映画だなー」と思いました。もちろん、俳優陣の名演やストーリーなども素晴らしかったのですが、人物を照らす光がとても美しく印象的だったのを覚えています。ポートレートを撮るときに参考にしたい映画。

写真家が撮影した繊細美『そして父になる』

続いても有名どころですが、『そして父になる』を。
公開前からポスターの雰囲気や、そのストーリーに惹かれてとても観たかった作品でした。

最近は気に入った作品だけパンフレットを買っています。
最後の一幕での繊細な映像美と見せ方に感動しまくったこの作品は、もちろんパンフレット買いました。そこに載っていたのがこの作品を撮影した「瀧本幹也」という名前。深掘りしてみると、広告界では有名な方なのですね。(トヨタのReBORNやダイワハウスなど)

自分の好きな雰囲気や撮りたい色にドンピシャだったので、DVDが発売されたらもう一度観たいと思っています。

(1)三つのカメラで撮りわける極意 – 瀧本幹也 OFF SHOT – Asahi Shimbun Digital[and]

写真出身の方が撮る映画は、楽しみながら作品作りの参考になるので一石二鳥と言ったところでしょうか?他に挙げるとすると、蜷川実花さんが監督をされた「さくらん」かなぁ。

それと、瀧本さんの写真展が近々に2つ開催されるそうです。(6月、7月までやっているので行きたいなー)

フィルム写真やってると一層楽しい!『LIFE!』

現在(2014年4月)公開中のをひとつ。
フィルム写真やってる人が観ると“と・て・も”楽しい映画が『LIFE!』です。
長いこと宣伝してたので気にはなっていたのですが、Twitterでの評判が良かったので先日観てきました。

主演・監督は『ナイトミュージアム』のベン・スティラー。
2007年に休刊したフォトグラフ誌「LIFE」の編集部を舞台に、写真管理部で働いているウォルターがとある写真家を探して世界中を駆け巡るコメディ映画なのですが…。

舞台がフォトグラフ誌、主人公が写真管理部所属ということで、フィルム写真に関することやカメラが結構出てきます。(ある写真家が使っていたあのカメラは、あの人が使っていたカメラか!という深掘りも楽しい)

これまた素晴らしいと思った映画ですが、それに「フィルム写真」が上乗せされて一層面白く観ることができました。冒頭やエンドロールのアートワークも興味深いものでしたよ。

パンフレットを買いそびれたので、明日買いに行ってきます。:-P
ぼちぼち公開も終わりそうかな?気になったあなた、ぜひとも “字幕版” でご覧ください(笑)。

映画「LIFE!」オフィシャルサイト

いやぁ、映画って本当にいいもんですね〜。
それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ(笑)

2009年写真生活的行動計画書・回顧録

2009年もあとわずかになってきました。
まぎわですが、年初に立てた「2009年写真生活的行動計画書」を振り返りつつ、省みたいと思います。

1.一つひとつを大事に
結局今年はフィルムカメラにどっぷりだったので、デジタル写真一つ一つを大事にというよりも、フィルムカメラで撮る時間、仲間と撮る時間を大事にできたなーと思います。
ただ、フィルムばっかりで沢山撮っていたために、その枚数制限の貴重性があまり気にならなくなってしまい…(笑)。一枚一枚の質は…自分感覚では落ちてます。

2.目を肥やす
年初のエリオット・アーウィット展以後、大きな展覧会には行かずじまい。かわりに地元の小さな作品展や、とりこ写真部など、プロではない人々の写真を沢山みました。見せることを意識した写真ではない、純粋に撮り手がいいなと思った写真がほとんどですが、彼ら彼女が撮った─特に人の写真─は、自分のこれまでの写真にはない魅力にあふれていました。来年は…今度こそ…人をいっぱい撮りたい。
それからパリを旅したことで、写真に留まらない感性とか、考え方とか、ヒントを得たような気がします。…たった6日間の滞在でしたがw。

3.写真つながり
これが今年一番の収穫です。Ohno Camera Worksさんのワークショップや、そこから派生した「とりこ」。それらに参加することで、写真が大好きないろいろな人と知り合えました。職業や年齢はバラバラですが、みんなで写真を撮る時間の楽しさ、有意義さ、写真を生で見せ合う大切さ。?んで馬鹿騒ぎもしましたw。片道80kmの遠征は正直お金も少しかかりましたが、それ以上のものを得ました。
Ohnoさんがいろいろ始められたことの影響かもしれませんが、県内の写真好きの間でいろいろな動きがでてきたり、mixiで地元の写真の集まりができたり、来年年初に写真好きな若手の写真展があったり…。来年はちょっと面白いかもしれません。

4.投稿とか
手始めに「PHOTO IS 10000人の写真展」に応募・展示。次に夏頃にモンキーパークの公募に駄目もと応募しました。出品作業でいろいろ勉強にもなりましたが、自分の目指すべき方向はこれなのかなぁ…とちょっと考えました。

5.アナログに愛を
これは言わずもがな。デジタルでまともに撮ってませんw。それから台数も。一体何台買ったのかなぁ。MamiyaflexB、PenEED、Hasselblad、Gakkenflex…そして忘年会で当たったDianaMini。ジャンクでHawkEye B。このままだと写真撮ることより、カメラのコレクターに転向してしまいそう。少々自重します。

ってなわけで、回顧終了。
写真撮ることというより、それを取り巻く環境が充実した1年でした。

パリでアナログ写真してきた人のニッチなまとめ

旅前に色々調べた時にあまり参考になる記事がなかったので、パリでフィルムカメラしてきたニッチなまとめしてみます。

カメラ・フィルム・現像

カメラ

まず悩んだのが…どのカメラを持っていこうかということ。まったくもって贅沢な悩みです。
条件は1日持って街を撮り歩くと言うこと。

  • Hasselblad→最高だが重い、疲れる、肩が凝る(笑)。音が大きい。
  • PenEED→写りは↑より劣るが、ハーフなので気楽に撮れる。第一疲れない。
  • GRD2→完全なる記録用。必要かと言えばそうでもないが、サブ機にもなる。

結局…全部持ってっちゃいました:P(馬鹿)

X線検査

次に気になったのが、フィルムをX線チェックからどう守るかと言うこと。
フィルムカメラで海外に行くのが初めてだったので、状況がわかりません。これは調べてると諸説あり、ちょっと悩んだところ。それこそフィルム全盛の頃はX線防止バッグに入れて…ってことでそれを買ったんですが…

  1. X線防止バッグを使うと、余計強いX線を照射されるので使わない方がよい。なので、フィルムは全部ケースや袋から出し、ジップの付いた透明袋に入れてX線を通さないよう検査官に懇願してみる。(質問系サイトの回答)
  2. 最近のX線機械はISO400位までなら大丈夫なので、そのまま手荷物内に入れておいても大丈夫。(質問系サイトの回答)

…どっちですか(笑)
旅行中に現地写真店(後述)の日本人スタッフは「いつもバッグに入れてるけど、これまで一度も問題なかったよ」と言っていたり、帰国後に友人は「ISO1600を手荷物でも大丈夫だったよ(おそらく国内)」と言っていたり…。

で。
成田(出国)では1をやってみました。持って行ったフィルムは以下の通り。

  • PotraNC160…5本
  • IlfordDelta400 120…1本
  • Solaris100…1本
  • Kodak BW 400 CN(36)…2本
  • Kodak BW 400 CN(24)…1本

検査官の女性にたんまりとフィルムの入った袋を見せて「フィルムなんですけどダメですか?」とダメ元で聞いてみると…。「じゃぁ手検査しますね」とあっさり第一関門。ちなみに帰りのシャルル・ド・ゴール空港では「フィルムなんですけど」と一応英語で言っては見ましたが、「ダメー」とジェスチャーで返されてしまいました。

空港ではそんな感じだったのですが、X線検査はここだけじゃないんですねぇ。 美術館、教会(サンクトシャペル)、地下鉄のコインロッカー入口…全部からは逃れられませんでした。 ちょっと心配しながらも、撮影したうちの一部を現地で、帰国後残りを現像しましたが、どのフィルムも感光することなく無事でした。ヨーロッパ圏はISO400までなら防止バッグ無しの手荷物で大丈夫っぽいです。

フィルム調達・現像

X線の心配が無くなったところでまた次の心配が。「フィルム現地で手に入るかな。」
初日でPotra5本を見事に使い切ってしまいw、120mmはモノクロのIlfordのみ。…足りない。ということで、現地で買うことに。お店の名はPhoto Pyramides。日本人が経営し、日本人スタッフのいる写真店です。

初日の現像と一緒にPotraNC400を10本購入。これで最終日までなんとかなるかな…ただし、パリのフィルム現像・フィルム代は日本の三倍ぐらいしました。あは。高感度フィルム以外は日本に持ち帰って現像する方がいいかもしれませんね。

現像は同時プリント・マット・白縁でオーダー。ハーフ撮影の35mmは2コマ1枚で対応。増感は受付してもらえませんでした。あとで知ったのですが、海外の同時プリントははがきサイズが一般的のようです。

PhotoPyramides

Photo Pyramides
マイバスという日本人向けオプショナルツアーをやってる会社の隣にあります。
日曜定休。
http://www.photopyramides.com/
Map

【追記:2014/01/16】
Twitterのフォロワー、@sayakaitaba さんが当記事をブログで紹介してくださいました。ありがとうございます。海外でフィルム写真したい方は、こちらもご覧くださいませね。

お気に入りのフィルムカメラを持って出かけるニュージーランド旅行 │ Ribbon works


これから先は自分用の記録ですので、興味ある方だけどうぞ。

撮影の足とか

Metro

ほとんどメトロと徒歩で回りました。ヴェリヴという便利なレンタル自転車もありますが、天候に左右されたり、ICチップ付きのクレジットカードでないと使えません。

それから、メトロで回ることを主体としたガイド本に、「切符を自販機で買うときに、操作方法を教えてあげる振りして盗難にあうケースがあるから窓口で買いましょう」とあるんですが、実際に駅員に声をかけたら「自販機で買って」と軽くあしらわれてしまったというw。

その自販機ですが、日本とえらい違い。タッチパネル式ではなくパネルの下にある銀色のローラーを回して選択します。決定は緑ボタン。それさえ迷わなければあとは何とか買えるでしょう。(適当) 支払は現金もしくはICチップ付きのクレジットカード。自販機は小銭だけのものとお札も使えるもの両方あります。クレジットカードは決済が終わっても自動で排出されないので注意。

メトロ切符販売機

メトロは手動開扉、基本車内アナウンス無し。(一部の新型車両は次は××〜と言ってくれるし、ドアも自動)路線案内は終着駅が書いてあるので、それを手がかりにする。

写真・カメラ関連スポット

ヨーロッパ写真美術館

ヨーロッパ写真美術館

写真集のコレクションや展示。それだけでなく、建物の外観、壁に書かれた館内の案内表示すべて素敵。 もちろん言葉が分かった方がもっと楽しいです。
火曜・祝日定休? [Map]

アンリカルティエブレッソン財団

モンパルナス墓地の近くにあるらしいです。帰国後存在を知りました。その近くに泊まっていたので行けなかったことが残念。その分、東京都写真美術館で今やってる「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン」は逃さないぞ?。

中古カメラ屋

バスティーユ広場近くに3軒ほどあります。

蚤の市

あまり時間もなかったので、ヴァンヴに行きました。カメラ・写真関係で見つけたのは、アンティークカメラ(ジャンク)やフォトフレーム、ガラス乾板、ダゲレオタイプの写真、古い写真のポストカード etc… 1930年代のKodakの蛇腹 HawkEye B(ジャンクだが説明書・ケース・未使用のフィルム付き)を手に入れました。

言葉

英語は簡単な単語程度なら何とか…なったかなと言うぐらい。ただ、数字は覚えていった方がいいと痛感。蚤の市での値段確認・交渉で苦労しました。電卓必須。 いくら?と聞いて指10本出されたからと言って、10ユーロのところ100ユーロと早合点(↑の蛇腹)することになります。(←自分)

Bonjour / ボンジュール / こんにちは
Bonsoir / ボンソワール / こんばんは
Merci (beau coup) / メルシー(ボクー) / (めっちゃ)ありがとう
Pardon / パードン / すみません(混んでいるとき、「ちょっと失礼」的な感じでよく使われていた。)
Oui / ウィー / はい
Non / ノン / いいえ
S’il vous plait / シルブプレ / お願いします。
C’est combien? / セ コンビアン? / これいくらですか?
Je prends ça. / ジュ プラン サ / これください。
Moins cher (s’il vous plait)/ モアン シェール / 安くしてください。
C’est bon. / セ ボン / これはよい

治安・スリ

パリ市内、思いっきり治安が悪いとは感じませんでしたが、早朝と夜間の一人歩きはやめたほうがよさそう。 旅初っぱなから、まだ薄暗い朝に男性グループがスリにあっているのを目撃してしまったので、ちょっと怖かったです。

参考にした本

パリ散歩の時間 (エイ文庫) (文庫)
4777902420

14 地球の歩き方 ポケット パリ 自転車とメトロでまわる 2009~2010 (地球の歩き方ポケット) (単行本)
4478056781

Quick Lookup: