[Adventar] カンファレンスカメラマンという簡単そうで簡単でないお仕事

このエントリーはカンファレンスカメラマン Advent Calendar 201710日目の投稿です。

写真という趣味が、その壁を越えて仕事側にやってきたのが去年の夏。
初めて撮影スタッフをやったのはコマンドシフトシズオカでした。

今年は以下のイベントで撮影スタッフを行いました。

TEDxHamamatsu 2017 においては、ほぼサブ要員だったので、一番気合いを入れた CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.6 での撮影反省と次回(?)への改善点などを。

(「簡単そうで簡単でないお仕事」とは、カメラ(写真)好きが気合いを入れると考えすぎて簡単ではなくなる…という意味です。)

撮影機材スペック

  • Canon EOS 6D
  • Canon EF28-70mm F2.8L USM
  • Canon スピードライト 430EX II

…新品では買えませんので、すべて誰かのお下がり品です。

反省点

会場が光の伏魔殿問題

会場の光源が直管蛍光灯で、その下にワイヤー状天井が張ってあったので妙に光の回り方が均等ではなく、光の伏魔殿だなーと感じました。セッションによっては壇上の電気をオンオフするので、原則ISOもホワイトバランスもオート(だったはず)。JPEG撮りだったので、後編集で少々苦労。最小サイズのRAWで撮っておけば良かったかなと思います。

会場内サイドの柱問題

会場の左右に柱が出っ張っていたため全く前方に行けず、登壇者の寄りの画が撮れなかったのが心のこりでした。幸いにも、前方に写真好きな助っ人参加者様がいたため、写真をシェアしてもらいました。

ただ、昨年夏のイベントで手持ち機材(MF 50mm + AF 80mm)ではアウトだと思い、28-70mm を購入したことは結果的に良かったです。あまり歩き回れないので、会場全体と登壇者のズームをこれ一本でいけたので。

前方に音響担当スタッフがいたので、次回はその人にもカメラを託そうと思いました。

会場略図:部屋の左右に出っ張った柱があるため参加者座席の後方しか移動ができない

コミュニケーションしながら撮れない問題

普段は全く人を撮らないので、参加者とコミュニケーションしながら撮影するのが難しかったです。懇親会になってやっとほぐれた感じ(笑)。ここもうちょっと頑張らないとなーと思います。スピードライトは懇親会で使用。

まとめ

なんだかんだ言いながら、楽しく最後までやれたのが一番良かったですね。登壇者の方の後日フォローアップでも写真を使っていただけたので、単にイベントの記録というだけでなかったことが撮影者冥利に尽きました。

あとは、TEDxHamamatsu 2017 で Facebook Live のカメラ係をやれたのも新しい体験でした。スマホ用スタビライザーの操作が楽しい(笑)。

ただひとつの問題は、子どもに母の仕事は「写真撮る人」と思われているらしいということです(本業はウェブ制作者)。

来年もがんばるぞー(?)。

[AccFes] アクセシビリティについて、たとえば小さなフリーランサーができることは

5月18日、神戸市で開催されたアクセシビリティの祭典に参加をした。

5月の第3木曜日は世界的にアクセシビリティについて考える「Global Accessibility Awareness Day (GAAD)」。それに合わせて開催されたイベントである。

デジタル(Web、ソフトウェア、モバイルなど)のアクセシビリティとさまざまな障害のあるユーザーについて、みんなで話したり、考えたり、学んだりする機会を持つことです。(via: GAAD

当日はウェブに関わる方のセッションをはじめ、支援技術やデバイスの展示など、多くの人が会した。

イベントの雰囲気やセッションについては、公式サイトや Togetter を見ていただくとして、いち参加者として考えたことを書いてみようと思う。

※ この記事でのアクセシビリティとは、主にウェブアクセシビリティを指す。

大きなA11y、小さなA11y

A11yとは“Accessibility”の略である。そう、長い。
Aとyの間に11文字あるので、そう略されるようだ。

今回の祭典は、始発の新幹線で神戸に入り、朝イチから参加をした。
全体を通して感じたのは、チームやプロダクト、上流工程から関わる受託案件に話が寄っていたなということ。そこに集まるのはアクセシビリティを推進していたり、ウェブを作るうえでの重要事項として高い興味を持っている人たちなので、そうなることは必然的だ。

それはさておき、障害者差別解消法が施行されてから1年が経ち、いろいろなウェブサービス企業でのアクセシビリティの取り組みを聞くようになった。

企業がアクセシビリティに取り組むこと、それが社会的意義のあることだと認知され、チームでの取り組む姿勢や、プロダクトをアクセシブルにすることなど話題に欠かない。非常に素晴らしいことだと思う。

こういった流れを仮に「大きなA11y」としよう。反対に、予算や規模の小さい案件、それにおける下流工程、小さな現場での取り組みなどの流れを「小さなA11y」とする。

図:大きなA11y、小さなA11yのイメージ

私は「小さなA11y」に属するフリーランサーだ。コーディングのみの案件や、小さな商店のウェブサイトを主に制作している。仕事の大半が納期との戦いだったり、アクセシビリティ以前の問題(とりあえず作りたい、売上げを伸ばしたいなど)を抱えていることが多い。そしてほとんどの場合で、アクセシビリティは制作者の良心に任せられている。

そんな「小さなA11y」において、アクセシビリティに取り組む意義とはなにか、それがこの先、仕事にどう繋がっていくのかと考えていた。

とはいえ、参加が無意味だったかのかといえば、それは違う。
神戸市の取り組みはアクセシビリティ継続には組織性が大事だと教えてくれたし、初めて目にするユーザビリティテストは、新しい物の見方を提供してくれた。

エンタメ要素あり、ハイエンドな内容あり、違う価値観、アプローチを楽しく感じ取ることができた1日であったのだ。そして小さなフリーランサーとして何ができるか、あらためて考えた1日でもあった。

アクセシビリティに取り組みたい小さなフリーランサーに、なにができるか

では、私のような小さなフリーランサーにできることはなにか。
すでに実践しているものも含め、思いつくままにいくつか挙げてみる。

  • 自分ひとりでできること
    • 自分の技術の精度を上げる、磨く
    • アクセシビリティに取り組めるプロジェクトを自ら持つ
    • イベントに参加する、ブログに書く
  • 周りの人(制作者)とできること
    • 自分なりの啓蒙ツールを作る(精神の再翻訳)
    • パートナー先やローカルでの啓蒙活動(勉強会)
    • 勉強会でLTする
  • 第三者にできること
    • 中小の経営者層への相談窓口になってみる
    • 自治体の広報モニターをしてみる

実に地味である。
アクセシビリティはUXなどに比べて“キラキラ感”が足りない、効果が見えにくいといった話題も質疑応答セッションで挙がった。しかし、私の周囲においては、まだまだこの地味な活動が有効ではないかと思っている。

図:自分ひとりでできること、周りの人とできること、第三者にできることのイメージ

自分ひとりでできること

ひとりで勉強すること、そしてそれを実践する場を持つこと。
自分のブログでも、ボランティアのサイト運営でも、何でもいいと思う。

周りの人とできること

自分の周りの制作者の温度感に合わせて、アクセシビリティを再翻訳してみる。言い換えるなら、先に立ってアクセシビリティを推進している人たちの言葉を再構築してみる。

どうすれば身近な問題と捉えてもらえるか、どんな情報がインパクトを与えるか。素材にできるものは以前より増えている。それらを使って自分のツールを作ってみる。

それをもって勉強会を開いたり、自らLTをしてみる。

第三者にできること

どこの自治体にも広報誌というものがある。そして広報モニターというものもある。広報誌にとどまらず、ウェブサイトやラジオ番組などもモニターの範囲に含まれる。自分の住んでいる自治体の広報モニターになって小さな一石を投じてみる。

これはもう少し先の話かもしれないが、地域社会でアクセシビリティの機運が高まったら相談窓口になってみる。組織に属さないからこそ、自由な活動ができる。

とにかくローカルで声をあげ続けること。
「小さなA11y」を自分の周りから広げていく、小さなフリーランスの役割は“やはり”そこなのだなと考えている。

まとめ

アクセシビリティは公共性の高い問題だ。本当のところは“大きい”も“小さい”もない。そしていろいろな視点を通して語られる・語っていい問題だと思う。関わる人によって見える世界が違うように、考えるアクセシビリティもまた違うのだ。

そして、いきなり高尚なことをしたりする必要はないとも思う。GAAD のサイトにもこのように書かれている。

テクノロジーを障害のある人々に対してアクセシブルにしたり、その使い勝手を向上させたりすることに関心がある人でも、現実にはどのように何から着手すればよいかが分からないことが少なくありません。まずは、知ることから始めましょう。(via: GAAD

興味があるのなら、まずは知ることから始めよう。それこそがアクセシビリティへの第一歩である。そして、そんな人々の助けになるような制作者となれるよう、私は引き続き目指していきたい。


P.S. 1さまざまな価値観や意見に触れ、考えを深める場を作ってくださったアイ・コラボレーション神戸、およびインフォアクシアのみなさまに、あらためまして感謝申しあげます。来年はもう少し勉強して参加します。

P.S. 2 懇親会でアクセシビリティおじさんに「アクセシビリティかあさん」を公認いただいたので、今後は肩書きに加えようと思います。

「コンテンツ」と「コミュニケーション」の関係がいまいちピンとこないあなたへ

先日、CSS Nite in SHIZUOKA 新代表の池田さんがこんなブログ記事を書かれた。(未読の方はぜひ読んでみて欲しい。)

CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.6のテーマについて|池田僚介

今回のテーマは、運営スタッフ間の議論で『コンテンツ』と『コミュニケーション』というキーワードに至ったことが、キッカケとなります。

今回の静岡版CSS Niteのテーマは「制作者・クライアントそしてユーザーへ、伝える伝わるWebコンテンツ制作」である。しかしながら、当初は「コンテンツ」と「コミュニケーション」の関係性があまり消化できていなかった。自分のなかの“モヤモヤ”を棚卸ししながら今回は書いてみたい。

作り手と読み手のコミュニケーション

人間というものは面白いもので、気になるキーワードが心の中にあると、それに関した事柄が目に入りやすくなる。引き寄せとでも言うのだろうか。

そんなさなか、数日前にこんな記事を読んだ。
筆者は「北欧、暮らしの道具店」を手がけるクラシコム代表の青木さん。

イベントで寄せられた質問に筆者が回答を寄せているのだが、腑に落ちる部分があった。

コンテンツをつくって、それが流れていくことは無駄なことではない。 – クラシコムジャーナル

「僕はコンテンツをつくる時(あるいはコンテンツづくりに関わる時)一つ一つのコンテンツを「作品」とか「資産」とは思っていないのかもしれません。僕にとってコンテンツをつくり、リリースすることは「コミュニケーション」の一つの手段だと思っています。

僕がしたいことは何かの意見や、情報や、表現を広く伝えたり、世に問うたりすることではなくて、コンテンツを通じた「コミュニケーション」によって読者に喜んでもらうことや、それを積み重ねることで良い関係をつくり、メンテナンスし続けることです。

ああ、そう言うことか。
それならこのブログを始めた時から、既にやっているのでは?

読み手のことを考えながら自分のアウトプットとして記事(コンテンツ)を書く、役に立てたらいいなーと思う。これこそコミュニケーションじゃないのか。(結局考えすぎて遅筆、お蔵入りになってしまうのだけど…。)

このブログは2005年に始めてもう12年になるけれど、そんな気持ちで書いた記事はいまだにアクセスがある。

MovableTypeでスタートしたこのサイトだが、WordPressに移行し、SSL化をしたり、ディレクトリ構造・パーマリンク設定を変更するなどを経ているが、その都度 301リダイレクトをして訪問者が迷わないようにメンテナンスをしてきた。先ほど引用した言葉を借りるのであれば、このようなコンテンツのメンテナンスだって立派なコミュニケーションではないだろうか?

つまりは「読み手」のことを考えているか、ということだ。

作り手同士のコミュニケーション

読み手という側面からの「コンテンツ」と「コミュニケーション」は腑に落ちた。ならば、コンテンツを生みだす制作の現場でのコミュニケーションはどうだろうか?

先日、CSS Nite in SHIZUOKA Vol.6 の登壇者でもある森田哲生さんの著書「書かなきゃいけない人のためのWebコピーライティング教室」を拝読した。

「相手がまだ知らないかもしれないこと」を伝えるときに、まずは、「自分も相手も知っていること」を入口にして、互いの視線を合わせてからスタートすることが肝心だと思っています。

「おわりに」で森田さんはこのように書いている。これは同著の要ともいえる点であるが、「互いの視線を合わせてからスタートすること」は、伝えたいことを伝えるために最も重要なことだと私も思う。

それは作り手と読み手だけでなく、コンテンツを作る制作者同士でもいえることだ。クライアントと営業、営業と制作、ディレクターとデザイナー、デザイナーとコーダー・エンジニア…思い当たる節はひとつやふたつではないはず…だ。

「伝えたい」ことを上手く伝えられれば、聞き出せたら…いま流行の「タラレバ」ではないが、そこで堂々巡りしていてはもったいない。幸いして多くのアイデアや手法、ツールがインターネットを介して利用できる時代である。テクニックやツールでカバーできる点はどんどん活用し、さらにはよりよいコンテンツを作っていくことができると思う。

すべての人に共通した正解はないが、ヒントは得られるはず

このように、ウェブ制作においても「作り手と読み手」、作り手と作り手」とさまざまなコミュニケーションがある。また、デジタル時代においてコミュニケーションの手段が手軽になった反面、その質を問われることが多くなった気がしている。

だからこそ、CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.6 でいまいちど「コンテンツとコミュニケーション」のことを考えてみたい。すべての人に共通する完璧な解答はないが、「!」と思うヒントはすべての人が得られるはずである。

CSS Nite Shift に初参加しました

写真:スクリーンに投影された Shift10 ロゴ

過日12月17日(土)のことですが、CSS Nite Shift10:Webデザイン行く年来る年 に参加してきました。

CSS Nite は LP3 の頃から参加(ブランクはありますが^^;)しているにも関わらず、年末の Shift には初参加。今回は静岡県に縁のある方々が多く登壇するということや、スタッフをしているシフシズのメンバーも多く参加するということで、とても楽しみにしていました。

私の中で都市部の勉強会やセミナーに参加する目的は二つあります。

一つ目は、もちろんトップランナーの方々のお話やノウハウをお聞きすること。
そして二つ目は、こういった場でしかお目にかかれない方とお話しすること。私は「懇親会からが本番」派なのです。(下戸ですがw)

最近の私と言えばもっぱらマークアップの日々。また、興味関心もそちらに向きがちなので、Web に関する全トピックを深く追うことが難しい状況です。「何が分からないのか分からない」状況を自分の中で無くしておくためにも、このような一年を振り返るイベントはとても貴重な機会ととらえています。

ツールの進化がめまぐるしい昨今、Web上で解説を読んでも使いどころが分からないことが多く、セッション中のデモを見ることで「おお!」と言うことありました。(それ自体、単に“寄る年波問題”ではありますが…。)

そして、今回の懇親会はがっつり(笑)参加しました。二次会まで行くのは実に LP4 以来ですね。
(LP3, 4 参加してましたーと話すと、大体が懐かしい!と言われますw。)

先に挙げたシフシズは、CSS Nite in SHIZUOKA 実行委員会スタッフが運営する勉強会グループです。そのため、懇親会に参加された他の地方版の方に盛り上がりの秘訣や、若年層の集客についてお話をうかがったりしました。もちろんその土地柄の影響も多くありますが、それをふまえてどのように活動していけばよいかを考えるヒントになりました。

今年は都市部の方だけでなく地方で活動されている方にもお会いし、多くの刺激をいただきました。この先も暮らしていくであろう静岡で、自分にできることはなにか、どうすればよいかを改めて考えた1日でした。このことは改めて書こうと思います。

余談ですが、懇親会での長谷川恭久さん(基調講演で登壇)の iPad Pro パフォーマンスに魅了されたので、次年度の経費予定に組み込んでおきましたw。

WCAN mini で Webアクセシビリティをさらに深めるきっかけを得て

6月4日(土)に名古屋で開催された「WCAN mini 2016 Vol.1 そのモヤモヤをWebアクセシビリティの達人がスッキリ晴らす! Webアクセシビリティ はじめの一歩、キホンの「キ」とアリアの「ア」!」(なっ…長い…)に参加してきました。

今回の勉強会は、2月に大阪で開催されたものの再演。
大阪の回は物理的な距離を理由に泣く泣くあきらめましたが、名古屋なら懇親会も参加して余裕の日帰りですから喜び勇んで申し込みました。(名古屋の勉強会に行くと「遠くから来たねー」と“毎度”言われますが、静岡西部からは思いのほか近いんですよ…。)

Webアクセシビリティの基本は押さえていても、ざっくりとしか理解していなかった「WAI-ARIA」。実装したらどのように支援技術に伝わるのか、それをもってなにが実現できるのか…深く学ぶきっかけになればと、興味深くお話を聞いてきました。

今日から始めるWebアクセシビリティ、まずはココから!

写真:セッション前の撮影タイムでスライドの映るスクリーンと植木さん

インフォアクシア代表・植木さんのセッションは、明日から取り組めるWebアクセシビリティの基本のお話。合成音声に台詞を読み上げさせる演出が心憎いですね。

Webアクセシビリティを取り巻く国内外の現状(障害者差別解消法施行や外国での法整備)、デバイスの多様化によって対象者の裾野が広がったことなどをふまえ、「マシンリーダブル」をキーワードにどうやって対応(マークアップ)していけばいいのかを一つひとつ丁寧に掘り下げて解説されました。

このセッションの内容は、ひと昔前から心がけていることのおさらい+普段見過ごしていることの発見というような感じでした。(#ff0000のコントラスト比が実は4.0:1でJIS規格で求められる値に満たない話や、キーボードでのフォーカスが正しく操作できるモーダルウィンドウの話など。)

スライドの後半、ヤコブ・ニールセン氏の Twitter Bot の引用があり、そんなBotがあったのねと早速フォローをしましたけれど、「ヤコブ・ニールセンをご存じの方?」という質問で挙手が少なかったことには、かなりジェネレーションギャップを感じうるしかなく…。

HTML5で今日から使えるWAI-ARIA

写真:セッション前の撮影タイムでスライドの映るスクリーンと大藤さん

復職してから目にするようになった「WAI-ARIA(ウェイ・アリア)」の文字。何て読むの?というところからのスタートで、ランドマーク・ロールを使う程度でした。

これまでに仕様書や大藤さんのWAI-ARIA本など、文字としてその概要を読むことはありましたが、デモを見ることで実際のマークアップでの使用するイメージがわきました。Open Ajax Accessibility というWebサイトにマークアップ例が多数掲載されているということで、こちらで復習をかねて勉強をしてみたいと思います。

駆け出しだったころ、HTMLやXHTMLのリファレンス本で(間接的に)非常にお世話になった大藤さん。その頃は札幌在住でいらしたのが、今は名古屋にお住まいなのだとか。なかなかお会いする機会がないなぁと思っていたのが、初めてお目にかかることができ感無量。

まとめ

Webアクセシビリティの話題を Twitter などで追いかけていると、スクリーンリーダーや WAI-ARIA、さまざまなデバイス、障害者の方の体験談、大なり小なりいろいろなものが流れてきます。

その早い流れに身を任せていると、「はて?それはすぐ自分に必要な情報だろうか?」「それを取り込める器はできているのだろうか?」という不安と、許容量を超えそうな情報にすこし振り回されている自分もありました。

有益な情報があっても、このままだと馬子にも衣装、猫に小判だぞと。
ならば基本に立ち返ってみよう。Webアクセシビリティの基本とそこから一歩進んで WAI-ARIA をちゃんと固めよう。そんな気持ちで参加した勉強会でした。

質疑応答で「東京ではWebアクセシビリティを基本対応することで、競争力に繋げている企業もある」というお話も出ました。この先、事業者もWebアクセシビリティが努力義務から必須になっていった際、地方でも先んじて取り組んでおくことで、ひとつの武器になるのではないかと思います。

植木さんは、「Webアクセシビリティの学校」というWebアクセシビリティの基本を学べるセミナーを全国各地で行っておられます。Webアクセシビリティについて考えたり学ぶ場の少ない地方でもそういった試みが回を重ね、少しずつWebアクセシビリティが“あたりまえ”になっていくといいなと思うところです。

私個人としては、懇親会で静岡西部に縁がある植木さんと地元の話などしたり、大藤さんにリファレンス本でお世話になったお礼などができたりで非常に楽しゅうございました(笑)。

まとめの余談

イベント開始前にWebアクセシビリティに関連した TED Talk が流れていたのですが、何のトークだったのか気になります…。どなたか知っていたら教えてください。

Illustration by Freepik