[Adventar] カンファレンスカメラマンという簡単そうで簡単でないお仕事

このエントリーはカンファレンスカメラマン Advent Calendar 201710日目の投稿です。

写真という趣味が、その壁を越えて仕事側にやってきたのが去年の夏。
初めて撮影スタッフをやったのはコマンドシフトシズオカでした。

今年は以下のイベントで撮影スタッフを行いました。

TEDxHamamatsu 2017 においては、ほぼサブ要員だったので、一番気合いを入れた CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.6 での撮影反省と次回(?)への改善点などを。

(「簡単そうで簡単でないお仕事」とは、カメラ(写真)好きが気合いを入れると考えすぎて簡単ではなくなる…という意味です。)

撮影機材スペック

  • Canon EOS 6D
  • Canon EF28-70mm F2.8L USM
  • Canon スピードライト 430EX II

…新品では買えませんので、すべて誰かのお下がり品です。

反省点

会場が光の伏魔殿問題

会場の光源が直管蛍光灯で、その下にワイヤー状天井が張ってあったので妙に光の回り方が均等ではなく、光の伏魔殿だなーと感じました。セッションによっては壇上の電気をオンオフするので、原則ISOもホワイトバランスもオート(だったはず)。JPEG撮りだったので、後編集で少々苦労。最小サイズのRAWで撮っておけば良かったかなと思います。

会場内サイドの柱問題

会場の左右に柱が出っ張っていたため全く前方に行けず、登壇者の寄りの画が撮れなかったのが心のこりでした。幸いにも、前方に写真好きな助っ人参加者様がいたため、写真をシェアしてもらいました。

ただ、昨年夏のイベントで手持ち機材(MF 50mm + AF 80mm)ではアウトだと思い、28-70mm を購入したことは結果的に良かったです。あまり歩き回れないので、会場全体と登壇者のズームをこれ一本でいけたので。

前方に音響担当スタッフがいたので、次回はその人にもカメラを託そうと思いました。

会場略図:部屋の左右に出っ張った柱があるため参加者座席の後方しか移動ができない

コミュニケーションしながら撮れない問題

普段は全く人を撮らないので、参加者とコミュニケーションしながら撮影するのが難しかったです。懇親会になってやっとほぐれた感じ(笑)。ここもうちょっと頑張らないとなーと思います。スピードライトは懇親会で使用。

まとめ

なんだかんだ言いながら、楽しく最後までやれたのが一番良かったですね。登壇者の方の後日フォローアップでも写真を使っていただけたので、単にイベントの記録というだけでなかったことが撮影者冥利に尽きました。

あとは、TEDxHamamatsu 2017 で Facebook Live のカメラ係をやれたのも新しい体験でした。スマホ用スタビライザーの操作が楽しい(笑)。

ただひとつの問題は、子どもに母の仕事は「写真撮る人」と思われているらしいということです(本業はウェブ制作者)。

来年もがんばるぞー(?)。

[Adventar] 「品質としてのHTML」という意識とウェブアクセシビリティ

このエントリーはWeb Accessibility Advent Calendar 2017 7日目の投稿です。

初日からちょうど一週間ということで、箸休め(的な)ポエムに少々お付き合いください。私から見えている世界の話を書いてみます。アドベントカレンダーの本題とは少々かけ離れた内容かもしれませんが、同じ線上のトピックということでご容赦ください。

限られた時間のそのなかでは…

今年は小さい集まりなどでウェブアクセシビリティ(以下、A11y)のことを話題にすることがありました。

まだまだデザインカンプを制作したうえでコーディングに着手することの多い、私から見えている世界。クライアントもIT・ウェブ慣れしていない方が多いため、その手法は現時点ではまだ致し方ないなと思っています。

“見た目駆動”+限られた時間でコーディング作業を進めていくなかで、A11yに取り組むには、マークアップに意欲的に取り組む方でも「対応する時間が…」「学習コストが高く感じる」「必要性がいまいち…」という思いがあるようです。

参入障壁の低いこの世界の片隅では…

マークアップに意欲的に取り組む方がいる一方で、参入障壁の低いウェブ界隈、制作者のスキルもさまざまです。

ちょっとくらいHTMLが間違っていてもブラウザが解釈してくれる場合もありますし、作り込まれた無料HTMLテンプレートもインターネット上にはたくさんあります。

また、CSSフレームワークのドキュメントに沿ったHTMLを記述したり、A11yに配慮された jQuery プラグインなどを利用したりすることで、制作者が意図していなくても、ある程度のA11yは担保されるようになってきています。(この記事を読んでくださる多くの方には、釈迦に説法だとは思いますが…。)

ともすると、文法的に正しいHTMLを知らずとも済んでしまう状況があるのも、また現実ではないでしょうか。

文法的に正しいHTMLとA11yは切っても切り離せない関係。「A11yって大事だよ」と説くより、「HTMLも品質のうちだよ」と説くことの方が先かな…と思うのです。少なくとも私から見えている世界では…。

ありがとう、ヘイドンさん

そんなことを考えているさなかに読み始めた、ヘイドン・ピカリング氏の「インクルーシブHTML+CSS & JavaScript 多様なユーザーニーズに応えるフロントエンドデザインパターン」。その冒頭にこんな一文があります。

本来、デザインの仕事とは、熟慮することです。そして、問題に対するベストな解決策を追求することです。それが「見た目の美しさ」という範囲だけでデザインをとらえることで、Webの大半は本来の意図から外れてしまっています。これは、低いアクセシビリティ、貧弱なパフォーマンス、そして全体的な有用性の低下につながります。

また、JSONから必要なデータを取り出す例を挙げ、このように続けます。

データの構造を考え、最適解を導き出すための試行錯誤をすることがデザインなのです。

このヘイドン氏の言葉を読んで、もやもやが晴れたことはいうまでもありません。「ウェブのデザインってやっぱりそういうことだよね、これまでの経験から学んできたことは間違ってなかったね…。」と心の中で小さく“ヨッシャ”しました。

コーディングする人だけじゃなくて、プロジェクトに関わる人すべてが、「HTMLも品質のうちである」と認識してくれるといいなぁ、などと思った2017年暮れでした。


来年は「良いウェブサイトとは?」「品質とは?」といったことを考える場を作ったり、インクルーシブ本(やピンク本)の布教活動など、引き続き地道な活動を続けていけたら…などと(またも)薄ぼんやり思っています。

明日8日目は kikeru_umenu さんの投稿です。よろしくお願いします。


余談:
静岡県がUDを推進していたり、文化政策学部のある大学があることから、それらに関連するUDシンポジウムや文化多様性研究の発表会に参加し、ウェブ以外でのアクセシビリティや、外国人居住者の多様性について視野が広がりました。たまにはこういうのもいいですね。

母たちのものぐさ玉子焼

子供が大人たちの諸事情で幼稚園編入となった。
そのドタバタもなんとか落ち着き、仕事もやっと落ち着いて取りかかれるようになってきた。

とは言うものの、幼稚園の預かり延長保育は16:30がタイムリミット、週末には翌週のスケジュールを立てるのに未だ四苦八苦している。

そんな生活を始めて2週間になるが、4月は家庭訪問やらPTA総会、その他もろもろで給食がない日もあり、何度か弁当を作る機会がある。朝の弱い私は半分寝ぼけた状態で作るのだが、毎度欠かさないおかずがある。

玉子焼きだ。

§

高校生のころ、ほぼ毎日母が弁当を作ってくれていた。そして毎日決まって入っていたのが玉子焼き。素の状態もあれば、若布が入っているときもあった。それを3年間。

だが途中で大きな変化があった。巻かれなくなったのだ。
その作り方といえばほとんどオムレツで、ゆるいスクランブルエッグを鍋肌に寄せて形を整える。本人曰く「巻くのがめんどくさい」らしいのだが、それでもよく毎日作り、私も飽きずに食べたものだ。

そしていつしか私もその作り方を真似し、弁当の玉子焼きはオムレツもどきになった。

§

「あんたが幼稚園のころ、小さい弁当箱にほんのちょっと作るのが楽しかったわー。」と、今でも時折思い出したように母は言う。まぁ確かに小さい弁当箱に少しずつ盛り、残りは朝食にしてしまえるところは、楽しいというよりは楽である。

保育園の時は遠足ぐらいしか弁当を作る機会は無かったが、これからますます弁当を作る回数は増えていくんだろう。ああ、ものぐさにとってそれはそれで試練なのだ。

と、そんなことを思って久しぶりに作った玉子焼きは、見事に“オム裂”になってしまっていた。

私を構成する9枚(改)

SNSで「#私を構成する9枚』というものが流行っているようで、先日勢いだけで公開してみました。しかし「本当にそう?」と熟考したら少し違うものになったので、卑怯にも記録ついでに載せておきます。

私を構成する9枚(改)

私を構成する9枚(のアルバム)

左上から。

Dreams Come True / Magic
J-Pop好きな同年代女性なら大体が通るであろう道を、ご多分に漏れず。…の割には、これが唯一買ったオリジナルアルバム。『… AND THEN?』 から 『LOVETIDE』 への“間”が好き。
久石譲 / 風の谷のナウシカ サウンドトラック
ジブリではなく宮崎駿が好き。連載(後期)当時、リアルタイムでナウシカを読んでいたので。
Earth Wind & Fire / The Best Of Earth Wind & Fire
「Senri Station Kids」というラジオ番組の9月オープニングテーマで『September』が流れていて、それから。
KAN / めずらしい人生
私のコア、KANの初めて買ったアルバム。高校の帰りに寄り道して買った記憶。
大江千里 / APOLLO
私のコア、大江千里の中でのベスト1。清水信之氏のアレンジが大好き。初めて買ったのは、このひとつ後の『HOMME』。
風味堂 / 風味堂4
友達がカラオケで歌ってるのを聴いて好きになった風味堂。その中でのベスト1。
本間勇輔 / 『今夜、宇宙の片隅で』サウンドトラック
西村雅彦、飯島直子、石橋貴明主演、三谷幸喜脚本の同名ドラマサントラ盤。実質Jazzへの興味はここから始まった。とても大好きだったのに視聴率はイマイチだったドラマ。ディスク化強く希望。
The Beatmas / XMAS!
多感な時代に夜な夜な聴いてた『赤坂泰彦のミリオンナイツ』で流れて気に入り、わざわざお取り寄せしたアルバム。The Beatles の楽曲に、往年のクリスマスソングの歌詞を乗せた真面目なネタ盤。
米米CLUB / GO FUNK
中学の創作ダンス曲に友達が選んだ『FUNK FUJIYAMA』からのお付き合い。K2Cは私の好きな音楽要素が一通り詰まっていて、絶対的な安定感。

入りきらなかった9枚

選考漏れした9枚

やはりすんなり9枚を選ぶことはできず、選考漏れした9枚です。左上から。

Baha Men / Doong Spank
背伸びして初めて自分で買った洋楽。ヴァージン・メガストア京都店で大人の階段をひとつ登った。
スターダストレビュー / HOT MENU
ヴォーカル・根本要さんのMCが「長くて面白いよ」というのは、ミリオンナイツで植え付けられたのだと、これ書いてて思い出した。
ゲスの極み乙女。 / 魅力がすごいよ
楽曲もPVもスタイリッシュでため息が出る。個人的には休日課長さんが好き。
オムニバス / Jazz Nella Casa
某同僚さんに借りたJazzオムニバス。今でもよく聴いている。1曲目の『Young & Foolish』がよい。
オムニバス / Swinging Jazz Piano
タイトル通りピアノメインのスウィングジャズのオムニバスアルバム。機嫌の良い休日は聴きたくなる。
たま / たま ナゴムコレクション
中学生の頃は『さんだる』『ひるね』を持っていたのだが、いつぞや売ってしまい買い直したアルバム。今でも疲れたときに聴きたくなる。
『Dream Girls』サウンドトラック
映画をかなり気に入り、その勢いで買ったアルバム。『And I Am Telling You I’m Not Going』は鳥肌が立つ。
Kirk Franklin / The Rebirth Of Kirk Franklin
ゴスペルやってた時分、課題曲が入っていたため購入。『Brighter Day』だったと思う。
Michel Legrand / Le meilleur de Michel Legrand
前回の写真個展でBGM用に買ったもの。整髪料のCMで使われていた『Di gue ding ding』が入ってる。

眺めてみると

こうやって眺めると、20代までは

  • 90年代 J-Pop
  • ファンク
  • ゴスペル

ときて、30代に入って

  • スウィング・ジャズ
  • ピアノジャズ
  • ジャム

に流れてきてるな、と。
とにかく“音が厚くて陽気”なのが好きみたいですね。あとネタ的なものも。

時々こうやって音楽遍歴を見返すのもいいものです。

ピアノと Jazz と私

大江千里、KAN、風味堂、ゲスの極み乙女。、indigo jam unit、fox capture plan。

とりとめもなく挙げてみた。これらは私が全アルバムコレクションしている(している途中)のミュージシャン。

全部に共通しているのは「ピアノ」。

いつの頃からかピアノの音が好きになっていた。取り立てて習っていたわけでも、両親が好きだったわけでもない。たぶん多感なころに千里さんやKANさんを聴きまくっていたからだと思う。だから琴線に触れるミュージシャンの音には、必ずと言っていいほどピアノが使われている。

千里さんが Jazz の道に進んで、その影響でそちらも少しだけ聴くようになった。Jazz が好きというより、Jazz を聴くのが好きといった方が合っている。凛として研ぎ澄んだ音。時に激しく時に軽やかに、そして時に楽しく、演者とピアノが一体になった瞬間・その場所に浸る喜び。それが、私にとっての Jazz。

今これを書きながら Mac の辞書で調べたら、Jazz には俗語で「元気、活気、ナンセンス」という意味もあるらしい。ああ、まさに音にひたっているときの気持ちそのものだ。(ナンセンスはちょっと違うか。)

世間はクリスマス。昔からサンタクロースのイラストを時々描くのだけれど、その彼はいつもどこか陽気な顔をしている。人生は楽しむべきだという顔をしている。それはきっと、自分の気持ちの根底にあるものが表出しているのかもしれない。

来年は1月にゲス乙女、2月にKANさんの新譜が出る。もう今からワクワクで楽しみで仕方がない。