【Advent Calendar】親子互いに気持ちよく「動画」を楽しむには

昨年の Advent Calendar で「子供とインターネット」というものを見つけて、次は書いてみたいなと思っていました。ということで、「子供」x「アプリ」+「α」 Advent Calendar 23日目の記事です。

我が家の子供4歳(♀)、ここ1年くらいの間で YouTube 動画(以下、動画)をたしなむようになってきました。今回は、子供と親がお互いに気持ちよく動画を楽しむには?という視点で書いてみたいと思います。

動画ことはじめ

私は映画は好きですが、あまり動画コンテンツを見ません。
そんな私が一番最初に子供に動画を見せたのは、日中爪切りをするとき。とにかくちょこまかする人で、なかなか切らせてくれません。(最近は夜寝静まってからにしています。)そんな時に思い出したのが、友達の旦那さんがスマホで動画を子供に見せていたこと。動画を普段見ない私は目から鱗でした。

そんなことから爪切り時に動画デビューした我が子、スポンジのような脳はいろいろなことを吸収します。“ガラスに覆われた平たい板”の中には動画が詰まっていることしっかり覚えました。

親の頭の中、子供の頭の中

それからというもの、育児に動画の手を借りることが多くなりました。
歯磨きや着替えなどの生活習慣を学ぶためだったり、好きなキャラクターの公式チャンネルを一緒に見たりするなど。しかし知らない間に覚えてくるんですよね、子供って。おもちゃ紹介動画に味をしめ、「動画見たい!!」と駄々を言うことが増えてちょっと困ってしまいました。

ちょっと整理します。

子供の頭の中

  1. アンパンマンの動画みたい!
  2. 動画見たい!動画見たい!
  3. もっと見たい!見たい!
  4. (以下繰り返し)

母の頭の中

  1. 味をしめてしまった以上、完全にダメとはいえない(いとこ達も動画を見ている手前)
  2. 姿勢や視力への影響を考え、できればスマホの小さい画面で見せたくない
  3. YouTubeアプリ(Web版も)だと関連動画リストが出てきて「次これ!」と際限なくなる…困ったな

そうだ!Chromecast を買おう

同じころ、とあるブログ記事で娘さんとその筆者が Chromecast で hulu を楽しんでいるというものを読み、これ良さそうだなーと思って調べてみました。
画質さえ気にしなければ、動画をテレビで見られるのは画面から距離も離れるしいいなーと。半分は自分が使いたいという不純な動機ですが(笑)。値段も4,000円弱で気軽に手を出せますしね。

Chromecast 導入してよかった点

というわけで我が家にやってきた Chromecast。予想以上に高得点です。

  1. 親の頭の中 2 だいぶ解消(姿勢・視力への影響悩み)
  2. いくつ見るか約束して先にプレイリストに入れておき、見終わったらおしまい(もしくは交渉)
  3. 関連動画が表示されないので、「おしまい」という区切りがつけやすい
  4. 離れていても スマホアプリ側でコントロールできる
  5. スマホが空くので他のこと(レシピ見たりとか)ができる

相手が子供なので毎回そう上手くはいきませんが、以前に比べて「動画」でやきもきすることは減ったと思います。

また、私だけでなく義理の父も動画を見せてくれることがあるので、その時はできるだけ大きい画面(ブラウザ最大化)で、時間を守って見せるようお願いをしてあります。

まとめ

最近では見たいものの興味が広がり、動画を見ることも減ってきました。もちろん外の遊びも大好きですし、家では他の遊びもします。動画が悪いとは決して思いません。しかし、皮膚感覚ですが他の映像作品と比べて中毒性があるかな…と感じています。

動画コンテンツが身近になりすぎた今日、いいところを上手に取り入れながら楽しく使っていきたいですね。

私が本を買う理由

今年はいつになく本を買った。理由としては以下のようなことがある。

  • 読む余裕ができた
  • 興味のある分野の知識を補完したかった
  • Kindle Paperwhite を買った

年初に Kindle Paperwhite を買ったのが特に大きいと思う。ショーウィンドウ感覚で隙間時間に Kindle ストアをのぞいたり、興味のあるキーワードで本を検索してみたり。セールでも1冊買った。

10年戦える・使える知識

ふと思い立って、私が本を買う理由を考えてみた。

  • 表面だけの分散した情報でできた知識は体系的でなく脆いと気づいた
  • 休職前の古い知識でものを考えていた自分に危機感を覚えた
  • 子供と関わるようになって見えない世界が増えた

本は図書館で借りてもいいのだけど、なにせ遅読なので2週間の貸出期限では足りない。それから新しい技術書は地元の図書館にない。(前居住地の図書館は、資金が潤沢なのか誰かのリクエストなのか“HTML5 の本”があった。予約しても結局回ってこなかったけど。)

日々たくさんの情報を見て、知った気になっている自分が嫌だった。ネット上の情報はどうしても断片的になりがちだし、誤りもある。ものごとの最初は何をとっかかりにしていいか分からないので、思いつくだけの語彙で検索をし、情報をあさる。そしてぼやーっとイメージができたところで、体系的にするために復習感覚で本を買って読む。最近はそのスタイルに落ち着いた。

膨大な情報量の現在において、誰にでも知れることはものすごく増えた。しかし、表面的な知識を仕入れるだけでは“10年戦える・使える知識”にはならないのだ。

それにしてもこの10年で知識の身につけ方がまったく変わってしまったな…とつくづく思う。特に退職したころからWeb技術の進歩がめまぐるしくなって、それに比例して世の中もますます加速度を増した感じがする。

今年読んだのはイスラム・キリスト教概説に始まって、著作権、育児、仕事、それと思考関連の本。とはいっても、意識ゆるい系なので敷居の低い本ばかりなのだけれども。池上彰さん解説のものだったり、漫画が組み込まれてたり、新書だったり。

ネットには情報が溢れかえっている。だから私は本を買う。

それが現時点の最大理由である。

2014年物欲振りかぶって Best 5 +α

2014年も残すところ数時間となりました。家族の大掃除を手伝って年末が終わった nintaro です。
慌ただしい一年でしたが、今年は何を買ったっけなーと Amazon の購入履歴を見返しながら、2014年の物欲棚卸し Best 5 です。

5位 ステンレス調味缶

昼食の白飯にかける“業務用ゆかり”を小分けするために買いました。ふりかけケースを100均からAmazonまでくまなく探した結果、これになりました。シンプルイズベスト。

4位 Radiko プレミアム

これ購入になるのか?(笑)4月から始まった Radiko プレミアム。KANさんの北海道と大阪のラジオが聞きたいがためだけに加入。
放送時間は何かと立て込んでいるため、ラジ録3というアプリで録音して時差リスニンしてます。

3位 Bluetoothワイヤレスヘッドセット BackBeat Go 2 Black

これは運動するときにiPhoneで音楽を聴きたいがために購入。

有線のイヤフォンだとケーブルがかなり邪魔なので、ワイヤレスは重宝してます。電源をオンにしたときに、 Power on. Headset Connected. と女性の声が聞こえるのが近未来っぽくてイイです。

2位 十三や 四寸ときぐし

つげ櫛をなくしてしまったのと、ポイントがあったので一生物をと思い購入。作りがしっかりしてるので手入れするのも楽しい櫛です。

1位 棕櫚箒・はりみ

長柄箒は持っていましたが、今年は手箒と“はりみ”を浜松のゆらゆら商店さんで、荒神箒を京都三条の内藤商店さんで購入。

隙間時間にこれでちょこちょこ掃除してるので、掃除機の出番がかなり減りました。(だって掃除機重たいんだもの…。)

特賞 Macbook Pro Retina 13 inch

今年はなんと言ってもこれに尽きます。先代の MacBook Air が老朽化・OS X のアップデートが限界に来たため清水の舞台から飛び降りる覚悟で購入(笑)。
Appleストアでカスタマイズし、メモリは 16 GB、SSD は 256 GB。スリーブケース Undercover Laptop Sleeve 13 inch 、外付けHDD BUFFALO HD-PNF1.0U3-BW を同時期に購入。

番外

その他よかった物は…

とまぁ、書いてるうちに残すところ今年も1時間になってしまいましたが、来年も気長に更新をお待ち下さい(笑)。私はチリワインを片手に、とっときの塩イクラをちびちびやって楽しむことにします。

来年は個人でやってるプロジェクトをもうちょっと形にしたり、個展やったり、いろいろ動き回りたいなーと思っております。

では皆さまよいお年を。

【映画】写真好きの人におすすめしたい映画3選

陽気も良くなり、写真を撮りに行きたくなる気持ちが高まって止まらない、にんです。

さてさて、今日はそんな気持ちをさらに高めてくれるような、写真好きの人におすすめしたい映画を3作ご紹介します。私が写真をちゃんと意識するようになってからの映画なので、比較的最近のものばかり&個人の趣味がかなり入っていますが…。

光の使い方を参考にしたい『英国王のスピーチ』

第83回アカデミー賞の作品賞を受賞した作品なので、観た方も多いのかな。
吃音に悩まされていたという英国王ジョージ6世(現英国女王・エリザベス2世の父上)と、言語療法士との友情を描いた作品。

私も受賞後に観に行ったクチだったのですが、とにかく「光のきれいな映画だなー」と思いました。もちろん、俳優陣の名演やストーリーなども素晴らしかったのですが、人物を照らす光がとても美しく印象的だったのを覚えています。ポートレートを撮るときに参考にしたい映画。

写真家が撮影した繊細美『そして父になる』

続いても有名どころですが、『そして父になる』を。
公開前からポスターの雰囲気や、そのストーリーに惹かれてとても観たかった作品でした。

最近は気に入った作品だけパンフレットを買っています。
最後の一幕での繊細な映像美と見せ方に感動しまくったこの作品は、もちろんパンフレット買いました。そこに載っていたのがこの作品を撮影した「瀧本幹也」という名前。深掘りしてみると、広告界では有名な方なのですね。(トヨタのReBORNやダイワハウスなど)

自分の好きな雰囲気や撮りたい色にドンピシャだったので、DVDが発売されたらもう一度観たいと思っています。

(1)三つのカメラで撮りわける極意 – 瀧本幹也 OFF SHOT – Asahi Shimbun Digital[and]

写真出身の方が撮る映画は、楽しみながら作品作りの参考になるので一石二鳥と言ったところでしょうか?他に挙げるとすると、蜷川実花さんが監督をされた「さくらん」かなぁ。

それと、瀧本さんの写真展が近々に2つ開催されるそうです。(6月、7月までやっているので行きたいなー)

フィルム写真やってると一層楽しい!『LIFE!』

現在(2014年4月)公開中のをひとつ。
フィルム写真やってる人が観ると“と・て・も”楽しい映画が『LIFE!』です。
長いこと宣伝してたので気にはなっていたのですが、Twitterでの評判が良かったので先日観てきました。

主演・監督は『ナイトミュージアム』のベン・スティラー。
2007年に休刊したフォトグラフ誌「LIFE」の編集部を舞台に、写真管理部で働いているウォルターがとある写真家を探して世界中を駆け巡るコメディ映画なのですが…。

舞台がフォトグラフ誌、主人公が写真管理部所属ということで、フィルム写真に関することやカメラが結構出てきます。(ある写真家が使っていたあのカメラは、あの人が使っていたカメラか!という深掘りも楽しい)

これまた素晴らしいと思った映画ですが、それに「フィルム写真」が上乗せされて一層面白く観ることができました。冒頭やエンドロールのアートワークも興味深いものでしたよ。

パンフレットを買いそびれたので、明日買いに行ってきます。:-P
ぼちぼち公開も終わりそうかな?気になったあなた、ぜひとも “字幕版” でご覧ください(笑)。

映画「LIFE!」オフィシャルサイト

いやぁ、映画って本当にいいもんですね〜。
それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ(笑)

帰ってきたWeb屋の健康管理2013

2年10ヶ月ぶりのこんにちは。
今年最初のエントリーにして年末感満載のタイトルで失礼します。

totoco.org というドメインを取得して早10年、若気の至り満載だったWeb屋もそろそろ健康などを考えるお年頃となりました。

特に2011年に娘を出産してからは、産後のいろいろで体調が芳しくなく伏すことも多かったのですが、11月からまたWeb屋として復職しました。(ただし時間勤務ですが…これについてはまた後ほど。)

ここ半年は特に肩こりやら20年来の猫背やらで少々困っていたのですが、あれこれ手を尽くした散財の記録を書いてみたいと思います。(一部女性向けの内容です。)

買ってみたもの Best3

【1】ストレッチポール

言わずと知れたただの棒…で・す・が、馬鹿にならないんです。
使うようになってから半年経ちますが、猫背、巻き肩が気にならない程に改善。(鏡前で横向きになって確認すると特に分かります。)自然と伸びた姿勢を取れるようになりました。

今回はAmazonで正規品を購入。量販店で類似品が売っていますが、芯となっている素材が柔いことがあるため、発泡オレフィン系樹脂を使ってへたりにくい正規品がおすすめです。

【2】Backjoy Posture Plus

せっかく良くなった姿勢も、日々のデスクワークで悪くなっては意味がありません。これは姿勢矯正クッションを物色しにロフトに行ったときに見つけたもの。

骨盤を立たせて腰への負担を減らし、姿勢を正す補助シート。
少々お値段が気になりましたが、さんざん試座しながらネット上での反響をみつつお買い上げ。座り方にコツがいるため、100%姿勢を正しくキープできているかは謎ですが、少なくとも足を組む癖の抑止力にはなっています。

近場のロフトでは、黒、ピンク、青しか置いてなかったため、無難に黒を購入。なんだか味気ないので、アタッチメントの花も一緒に買ってみました(笑)。

ネットでのレビューを見ると「長時間座れる!」とか「疲れない!」とかありますが、見たレビュワーに男性が多かったせいでしょうか、体幹筋肉の弱い私のような女性は少々疲れるかもしれません。それと、長時間座り続けられるといっても、姿勢に良くありませんから、一時間に一度ぐらいは休憩して伸びでもしましょうね(笑)。

【3】健康管理iPhoneアプリ

これは使ってる方も多いと思います。
以前からPeriod Trackerを使っていましたが、今年導入したのは、MovesとSleep Cycle。

説明しなくてもいいですね、これは^^;
Movesを入れてから、毎日の歩数の伸びを見るのが楽しくなりました。iPhone上ではMomentoと連携して、行動のライフログとしても使用しています。

Moves の解説(AppBank)