[Adventar] カンファレンスカメラマンという簡単そうで簡単でないお仕事

このエントリーはカンファレンスカメラマン Advent Calendar 201710日目の投稿です。

写真という趣味が、その壁を越えて仕事側にやってきたのが去年の夏。
初めて撮影スタッフをやったのはコマンドシフトシズオカでした。

今年は以下のイベントで撮影スタッフを行いました。

TEDxHamamatsu 2017 においては、ほぼサブ要員だったので、一番気合いを入れた CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.6 での撮影反省と次回(?)への改善点などを。

(「簡単そうで簡単でないお仕事」とは、カメラ(写真)好きが気合いを入れると考えすぎて簡単ではなくなる…という意味です。)

撮影機材スペック

  • Canon EOS 6D
  • Canon EF28-70mm F2.8L USM
  • Canon スピードライト 430EX II

…新品では買えませんので、すべて誰かのお下がり品です。

反省点

会場が光の伏魔殿問題

会場の光源が直管蛍光灯で、その下にワイヤー状天井が張ってあったので妙に光の回り方が均等ではなく、光の伏魔殿だなーと感じました。セッションによっては壇上の電気をオンオフするので、原則ISOもホワイトバランスもオート(だったはず)。JPEG撮りだったので、後編集で少々苦労。最小サイズのRAWで撮っておけば良かったかなと思います。

会場内サイドの柱問題

会場の左右に柱が出っ張っていたため全く前方に行けず、登壇者の寄りの画が撮れなかったのが心のこりでした。幸いにも、前方に写真好きな助っ人参加者様がいたため、写真をシェアしてもらいました。

ただ、昨年夏のイベントで手持ち機材(MF 50mm + AF 80mm)ではアウトだと思い、28-70mm を購入したことは結果的に良かったです。あまり歩き回れないので、会場全体と登壇者のズームをこれ一本でいけたので。

前方に音響担当スタッフがいたので、次回はその人にもカメラを託そうと思いました。

会場略図:部屋の左右に出っ張った柱があるため参加者座席の後方しか移動ができない

コミュニケーションしながら撮れない問題

普段は全く人を撮らないので、参加者とコミュニケーションしながら撮影するのが難しかったです。懇親会になってやっとほぐれた感じ(笑)。ここもうちょっと頑張らないとなーと思います。スピードライトは懇親会で使用。

まとめ

なんだかんだ言いながら、楽しく最後までやれたのが一番良かったですね。登壇者の方の後日フォローアップでも写真を使っていただけたので、単にイベントの記録というだけでなかったことが撮影者冥利に尽きました。

あとは、TEDxHamamatsu 2017 で Facebook Live のカメラ係をやれたのも新しい体験でした。スマホ用スタビライザーの操作が楽しい(笑)。

ただひとつの問題は、子どもに母の仕事は「写真撮る人」と思われているらしいということです(本業はウェブ制作者)。

来年もがんばるぞー(?)。

EyeEm のススメ、2015

写真共有サービス「EyeEm」(アイエム)を使い始めて1年が過ぎました。
だんだん面白さが分かってきたので、ちょっとここいらでまとめてみようと思います。

そもそも EyeEm とは

日立ソリューションズ IT用語辞典によれば…

EyeEmとは、EyeEm Mobile GmbHが運営するiOSおよびAndroid向けの写真共有アプリである。
写真を撮影する際に、上下左右にスワイプすることで多数用意されているフレームとフィルターを切り替えることができ、撮影した画像のトリミングなども可能である。撮影した写真は、トピックスと場所を追加して、投稿することができる。

これだけだと、今が旬(?)の Instagram と何が違うのー?って感じですが、1年使った皮膚感覚では “Instagram の気軽さ手軽さ”と “Flickr のコミュニケーション機能”を取って合わせたのが EyeEm だと思っています。

EyeEm との出会い

2014年4月頃だったでしょうか。Twitter のタイムラインに 写真雑誌の「PHaT PHOTO」と EyeEm がコラボしてコンテストをするよーというのが流れてきまして。それにはかすりもしませんでしたが、Instagram に不満があったことと、EyeEm の魅力にはまって今に至ります。

普段の撮影はデジタル一眼とフィルムカメラですが、EyeEm はモバイルだけで楽しもうと思い、撮影機材は iPhone 5s とサンワサプライの拡張レンズ、撮影アプリはCamera+、フォトエディターは EyeEmEnlight を併用しています。

EyeEm のススメ

EyeEm は無料のサービス(アプリ)なので、ユーザー登録さえすればすぐ始められます。でも Instagram との違いが分かりにくいと思うので、違いと惚れ込んでいる点とを挙げてみます。

写真のクオリティが高い

Instagram は「写真版 Twitter」 ともいわれるほど“コミュニケーションとしての写真”アプリですが、EyeEm は“作品として意識した写真”をアップしている人が多いように感じます。なので、クオリティが高めの写真が多くアップされています。

写真のフォーマットは Instagram のような真四角だけではなく、どんなサイズの写真でも(パノラマでも!)アップできます。

パノラマもアップできる

最近はどのアプリも編集機能に力を入れていて“竹の子の背比べ状態”ですが、EyeEm はフィルターをスワイプで切り替えられるのがいいなーと思っています。

EyeEmの編集、投稿画面

それから、ユーザーが写真に適用した効果をそっくりまねできる「Open Edit」という機能があるんですが、これが結構勉強になります。

ミッションで技を磨く

ミッションとは、EyeEm 内でいつも何かしら開かれている写真コンテスト。入選すると報償がもらえるそうです。企業がスポンサーのミッションもあれば、EyeEm が主催のものもあります。 ちょうど先日から The 2015 EyeEm Photography Festival & Awards が始まったばかり。

ミッションの募集画面

新しい写真との出会いが豊富

Instagram で一番不満に思っていたのが「未知との出会いが少なくなってしまった」ということ。検索性も悪いですしね。(そこは改善していくらしいですが。)

EyeEmの検索結果画面

その点、EyeEm ではアルバム(タグ)という単位でダッシュボード(メイン画面)が構成されているので、アルバムに追加された写真を一覧で見ることができます。ダッシュボードに表示されるアルバムは毎回ランダムなので、未知の写真との出会いが沢山あるというわけです。ここが Flickr っぽいかなという思うゆえんです。

EyeEmのダッシュボード

もちろん、Instagram のように気に入ったユーザーは友だちとしてフォローすることもできるし、写真に“いいね(ハート)”を付けることもできます。

コミュニティの形成に積極的

EyeEm は Webサイトのトップに“A community & marketplace for real photography”と掲げるだけあって、インターネット外(リアル)でのコミュニティ形成に積極的な印象があります。

年に何回か EyeEm Meetup や Global EyeEm Adventure といった、オフラインでのイベントが開催されています。これは全世界から主催者を募り、その地域のユーザーが集まって“フォトウォーク”をするというもの。日本ではやっぱり東京が一番盛んかな。

近々では今週末の6月6日(土)に Golobal EyeEm Adventure が世界40都市で開催されます。日本では東京と静岡。静岡は私がホストをつとめます。お近くの方はぜひ。

写真の販売プラットフォームでもある

去年の秋ぐらいからだったと記憶していますが、EyeEm が写真の販売プラットフォームとしても機能し始めました。登録された写真は独自の EyeEm Market と、 Getty Images と提携した EyeEm コレクション で販売されます。

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本久美子、以下ゲッティ イメージズ)は、高品質モバイル写真コミュニティ、マーケットプレイスであるEyeEm(アイエム)とパートナー提携を結びました。これによりEyeEmの写真を、ゲッティ イメージズとiStockからライセンスできるようになります。
via ゲッティイメージズ プレスリリース

最近のアップデートで、アプリから直接販売申請できるようになりました。
私は現在100点近く Market にアップしてますが、やーっと1点売れたところです。(これについてはまた後日。)

まとめ

まぁ早い話が「モバイルフォトグラファーなら EyeEm 使っときなよ!」ということです(笑)。
でも残念な点もあって、アプリは日本語化されているのに、ミッションの説明や Market が英語のみということ。私は好き者なので辞書を引きつつやってますが、まだちょっと敷居が高いですね。

でも、日本で一番 EyeEm の情報が多い(と思う)ブログ favLife with iPhoneや、日本ユーザー有志のFacebookグループ(承認制)があるので、そこをのぞいてみるのも良いかもしれません。

ということで、長々と EyeEm愛を語ってみました。
あ、最後になりましたが私はここにいます

Exiftools で写真データのリネーム&整理をスマートに

pho_20141202

夏の暑さと Macbook Air のメモリ不足と発熱にかまけ、更新をサボっておりました…。(もう冬ですが。)

まあ、そんなこんなで先日 Macbook Pro に買い換えまして、ついでにここ数年のデジタル写真データを整理していました。しかしまぁ、リネームアプリを使っても手作業での整理の面倒なこと。そこで最近お世話になっている“黒い画面”で解決できないかと調べてみました。

そこでたどり着いたのが、Exifデータをあれこれできる「Exiftools」というツール。

デジカメなどで撮影した写真に付加されるexif情報を読んだり書いたりするツール。もともとはperlのモジュールだけど、いまはMac版、Windows版ともにスタンドアロンで実行できるバイナリとしてExifTool by Phil Harveyで配布されているのでperlわからなくても大丈夫。
(via exiftoolを使って写真の情報を管理 – muibrog)

早速導入しましょう。以下は Mac での手順です。

インストール

Exiftools 公式サイトからパッケージをダウンロードするか、homebrew でインストールします。
私はパッケージでインストールしました。

$ brew install exiftool

リネーム

インストールができたらターミナル等で写真データのあるディレクトリに移動し、コマンドを実行します。(以下は一例)

$ exiftool '-FileName < CreateDate' -d %Y%m%d_%H%M%S%%-c.%%e *

これでファイル名が 20141123_160248.jpg (年月日ー時分秒)といった名前に変更されます。
そして、次のコマンドを実行することで、

$ exiftool '-Directory < CreateDate' -d %Y%m%d *"

ファイルが撮影日毎のディレクトリ(例 20141128)に振り分けられます。
アニメーションで見るとこんな感じ。

リネームアニメーション

私はこれらのコマンドを rename という名前でエイリアスに登録して実行しています。

ちなみにこの Exiftool、AppleScript と組み合わせると色々とできるようなのですが、私は単にリネームしてフォルダ分けしたいだけなのでこれで事足りてます。

時は金なり、PCにお任せできることはお任せしてしまいましょう♪

参考記事