2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(前編 – 仕事)

今年は4月にフリーランサーになり、業務以外で二つの活動を行いました。

  1. 仕事に関連したイベント運営に参加する
  2. 地元のコミュニティ運営に参加する

独立してから初の年の瀬、この二つを通して今年を振り返ってみようと思います。
(相も変わらず長いので、前編後編でお届けします。)

仕事に関連したイベント運営に参加する

今年、二つのイベントに運営スタッフとして参加しました。
ひとつはコマンドシフトシズオカ(通称シフシズ、運営は現CSS Nite in SHIZUOKA と同じメンバー)です。

1月3月と勉強会で発表する機会をいただき、その流れでスタッフしてみたら?と声をかけてもらったことが参加のきっかけです。

これまで勉強会といえば、もっぱら参加する方だった私。スタッフには興味があったものの、「勤めとの両立」が不安で二の足を踏んでいました。

社会人になって十数年、地元には勤め先と趣味のつながりくらいしかない自分がいました。そのうえ仕事上の“知”は都市部に集まりやすいため、自然と意識はそちらに向く。いかに地元を見ていなかったが自分の中に露呈したわけです。地に足が付いていないのはまずいなー、と。

西部の制作者はどこにいる?

さて、晴れてシフシズスタッフとなったわけですが、「参加者の高年齢化」と「集客のしづらさ」という問題を知ります。CSS Nite in SHIZUOKA, Vol.5 のときには、県西部からの参加者が少ないことも気になっていました。

ここで私の頭に浮かぶのです。「西部の制作者はどこにいるの?」と。県西部には中〜小規模の制作会社が多く、Web制作に従事している人はいるはずなんですけどね。(自分の所属先の人ぐらいしか知らないなぁ…というのが他スタッフの意見でもあります。)

「東海道新幹線に乗ると、いつまでたっても静岡だ。」と多くの人が言うように、とにかく東西に長い静岡県。「商業の街・静岡市」と「ものつくりの街・浜松市」というタイプの違う政令指定都市を抱えますが、それを背景に制作者が求めるニーズも参加意識も違うなという印象(※1)をもっています。(長くなるのでそこは割愛します。)

そして、制作者向け勉強会は静岡市で多く開催されます。県西部からでは交通の便がネック(※2)になって参加を躊躇したり、そもそも勉強会があることを知らなかったり…。わざわざ出かける気になれない人が多いのかも知れません。まぁ、これはあくまで私の推論ですが。

ならば自分で確かめてみよう

それなら自分で確かめてみよう、と始めたのが「浜松でWebのこと話そう会(@hamaweb_meetup)」。とあるきっかけで知り合ったITざっくばらん会の中の人に「テーマを絞ると人は集まらないよ」と聞いたことを思いだし、「働き方」をテーマとしました。

当日は現役の方をはじめ、Webを仕事領域にしたいグラフィックデザイナーや、Web業界に転職したいと考える10代、20代の方も参加してくださいました。

地元で仲間が欲しいという需要

その広報活動の中で気づいたのが「地元で仲間が欲しい人いるんじゃないのかな?」ということ。参加できなかった方からは「勉強中の身なので地元に仲間が欲しい」といった声もあり、制作者コミュニティの潜在的需要の裏も取れました。

また他方では「社会に出てからWeb制作の勉強をして、この先どう進んでいいか悩んでいる。だけれども(CSS Nite などの)勉強会は敷居が高いな。」といった方もいます。

そんなこともあり、来年はそのような層の受け皿となれるような活動をしてきたいと思っています。

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(後編)に続きます。


※1 私が静岡東部の事情に疎いため、どうしても中部・西部の比較になってしまいます。ごめんなさい。

※2 浜松→静岡間は片道約1時間弱。東西に走る私鉄が無いためJR網は若干高くつき、本数も多くはないため不便なのです。そうなると主な移動手段は自動車なのですが、慣れない土地に1時間半もかけてとなると…人によっては「うーん」となってしまうのですね。(バイパスが無料化されているため、有料高速道路は使われない傾向があります。)

物欲と今年を振りかぶって2015

昨年「2014年物欲振りかぶって Best 5 +α」というのを書いたので、こっそり楽しみにしている人(誰)のために今年も物欲の棚卸しです。

日用品ばっかりで大したものはございません。では、どうぞ。
※紹介画像にのみAmazonアソシエイトを利用しています。

5位 Nobbyプロ用マイナスイオンヘアドライヤーNB3000

Nobbyプロ用マイナスイオンヘアドライヤーNB3000ホワイト

家電量販店などで売っているドライヤーは1200Wのものが多いのですね。しかし、それだと乾かすのにとても時間がかかる量なので、1500Wのこのドライヤーにしました。時短万歳です。

3位 Satechi CDスロット取付型ホルダー / Coleman パルテノンコーヒードリッパー

Satechi CDスロット取付型ホルダー Coleman パルテノンコーヒードリッパー

4位を飛ばして3位に2点です。

車にiPhoneホルダーを付けたかったのですが、以前シリコン型のものが夏場に暑さでポロッとなんども落ちてしまうことがありました。そういうわけで、CDスロットに取り付けるタイプのホルダーを購入。使用しないときは外してダッシュボードにしまっています。

パルテノンコーヒードリッパーは、ものぐさなコーヒー好きが手軽に美味しいものを淹れたいがために購入。家で仕事をするときに使っています。ペーパーフィルターはそのままポイッと捨てられますが、これはコーヒーかすの処分+水洗いなのでほんの少々手間がかかるのが難点(笑)。

2位 Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

今年最初に買ったのが Kindle。ノーマル版と Paperwhite で悩みましたが、バックライトあるほうが絶対に良いという Twitter からの声で Paperwhite に落ち着きました。確かに明るい部屋でもバックライトがあるほうが疲れにくい感じがします。Wifi版を購入。ケースが欲しいなと思いながら1年が過ぎようとしています。

1位 Withings Activite Pop

Withings スマートウォッチ Activite Pop

今年は文句なしにこれが1位。
左腕には当たり前のようにこれを装着しています。ブログ記事も2つ書きました。

2015年のまとめ

今年は2月の CSS Nite Shizuoka を皮切りに、WCAN やセミナーに行ったりして、珍しく積極的に人と会った年でした。セミナーによく参加していたのが10年程前のことなので、新鮮な気持ちで勉強させてもらいました。久しくお目にかかっていなかったあの人、懇親会ではじめてお会いした人、飲み会でご一緒した方々。これもなにかのご縁かなーと。

プライベートでは EyeEm のフォトウォークを主催したり、某クイズ番組の予選会に2回参加しました。予選会のうち1回は筆記を突破して面接までいきました(落ちましたけど)。12月は Advent Calendar に3つ参加。その余韻でなんだか“書きハイ”になっています(笑)。

公私とも、また楽しそうな音が来年から聞こえてきます。この勢いのまま、1年後にまたこのまとめを書けたらいいなと思いながら今年の締めとします。

ああ、早くお正月になってとっておきの塩イクラが食べたい。
それでは、よいお年を。

帰ってきたWeb屋の健康管理2013

2年10ヶ月ぶりのこんにちは。
今年最初のエントリーにして年末感満載のタイトルで失礼します。

totoco.org というドメインを取得して早10年、若気の至り満載だったWeb屋もそろそろ健康などを考えるお年頃となりました。

特に2011年に娘を出産してからは、産後のいろいろで体調が芳しくなく伏すことも多かったのですが、11月からまたWeb屋として復職しました。(ただし時間勤務ですが…これについてはまた後ほど。)

ここ半年は特に肩こりやら20年来の猫背やらで少々困っていたのですが、あれこれ手を尽くした散財の記録を書いてみたいと思います。(一部女性向けの内容です。)

買ってみたもの Best3

【1】ストレッチポール

言わずと知れたただの棒…で・す・が、馬鹿にならないんです。
使うようになってから半年経ちますが、猫背、巻き肩が気にならない程に改善。(鏡前で横向きになって確認すると特に分かります。)自然と伸びた姿勢を取れるようになりました。

今回はAmazonで正規品を購入。量販店で類似品が売っていますが、芯となっている素材が柔いことがあるため、発泡オレフィン系樹脂を使ってへたりにくい正規品がおすすめです。

【2】Backjoy Posture Plus

せっかく良くなった姿勢も、日々のデスクワークで悪くなっては意味がありません。これは姿勢矯正クッションを物色しにロフトに行ったときに見つけたもの。

骨盤を立たせて腰への負担を減らし、姿勢を正す補助シート。
少々お値段が気になりましたが、さんざん試座しながらネット上での反響をみつつお買い上げ。座り方にコツがいるため、100%姿勢を正しくキープできているかは謎ですが、少なくとも足を組む癖の抑止力にはなっています。

近場のロフトでは、黒、ピンク、青しか置いてなかったため、無難に黒を購入。なんだか味気ないので、アタッチメントの花も一緒に買ってみました(笑)。

ネットでのレビューを見ると「長時間座れる!」とか「疲れない!」とかありますが、見たレビュワーに男性が多かったせいでしょうか、体幹筋肉の弱い私のような女性は少々疲れるかもしれません。それと、長時間座り続けられるといっても、姿勢に良くありませんから、一時間に一度ぐらいは休憩して伸びでもしましょうね(笑)。

【3】健康管理iPhoneアプリ

これは使ってる方も多いと思います。
以前からPeriod Trackerを使っていましたが、今年導入したのは、MovesとSleep Cycle。

説明しなくてもいいですね、これは^^;
Movesを入れてから、毎日の歩数の伸びを見るのが楽しくなりました。iPhone上ではMomentoと連携して、行動のライフログとしても使用しています。

Moves の解説(AppBank)

2009年写真生活的行動計画書・回顧録

2009年もあとわずかになってきました。
まぎわですが、年初に立てた「2009年写真生活的行動計画書」を振り返りつつ、省みたいと思います。

1.一つひとつを大事に
結局今年はフィルムカメラにどっぷりだったので、デジタル写真一つ一つを大事にというよりも、フィルムカメラで撮る時間、仲間と撮る時間を大事にできたなーと思います。
ただ、フィルムばっかりで沢山撮っていたために、その枚数制限の貴重性があまり気にならなくなってしまい…(笑)。一枚一枚の質は…自分感覚では落ちてます。

2.目を肥やす
年初のエリオット・アーウィット展以後、大きな展覧会には行かずじまい。かわりに地元の小さな作品展や、とりこ写真部など、プロではない人々の写真を沢山みました。見せることを意識した写真ではない、純粋に撮り手がいいなと思った写真がほとんどですが、彼ら彼女が撮った─特に人の写真─は、自分のこれまでの写真にはない魅力にあふれていました。来年は…今度こそ…人をいっぱい撮りたい。
それからパリを旅したことで、写真に留まらない感性とか、考え方とか、ヒントを得たような気がします。…たった6日間の滞在でしたがw。

3.写真つながり
これが今年一番の収穫です。Ohno Camera Worksさんのワークショップや、そこから派生した「とりこ」。それらに参加することで、写真が大好きないろいろな人と知り合えました。職業や年齢はバラバラですが、みんなで写真を撮る時間の楽しさ、有意義さ、写真を生で見せ合う大切さ。?んで馬鹿騒ぎもしましたw。片道80kmの遠征は正直お金も少しかかりましたが、それ以上のものを得ました。
Ohnoさんがいろいろ始められたことの影響かもしれませんが、県内の写真好きの間でいろいろな動きがでてきたり、mixiで地元の写真の集まりができたり、来年年初に写真好きな若手の写真展があったり…。来年はちょっと面白いかもしれません。

4.投稿とか
手始めに「PHOTO IS 10000人の写真展」に応募・展示。次に夏頃にモンキーパークの公募に駄目もと応募しました。出品作業でいろいろ勉強にもなりましたが、自分の目指すべき方向はこれなのかなぁ…とちょっと考えました。

5.アナログに愛を
これは言わずもがな。デジタルでまともに撮ってませんw。それから台数も。一体何台買ったのかなぁ。MamiyaflexB、PenEED、Hasselblad、Gakkenflex…そして忘年会で当たったDianaMini。ジャンクでHawkEye B。このままだと写真撮ることより、カメラのコレクターに転向してしまいそう。少々自重します。

ってなわけで、回顧終了。
写真撮ることというより、それを取り巻く環境が充実した1年でした。

WordPressに移行しました

1月にMovableTpe3.34からWordPress2.7(以下WP)へ移行しました。
MT4.xにアップデートするのも考えたのですが、いろんなツールを触っておきたかったので今回はWPに。

WPのインストールでは特につまずかなかったので、データの移行で“わたわた”したことと、導入したプラグイン、テーマについて、今さらな感もありますがメモっておきます。

MT時代のパーマリンクを保持する件

MT時代は投稿日時を拾ってパーマリンク(https://totoco.org/YYYY/MMDD-hhmm.php)としていました。なので、WPではこんな風に設定してます。

/blog/%year%/%monthnum%%day%-%hour%%minute%.php

ただ、これだけでは個別ページのtitle要素やトピックパスのページタイトル部分に日時が表示されてしまいます。ここが今回一番つまずいたところで、解決にかなり時間がかかりました。解決の糸口になったのは以下のページ。

WordPress ? フォーラム ? 個別ページで、titleが「日付+ブログタイトル」になる

パーマリンクを日付と日時ベースにする場合、%year%, %monthnum%, %day%, %hour%, %minute%, %second% の *すべて* が含まれない限り、単体記事としてみなされません (is_single() が true にならない)。
したがって、このパーマリンク設定では、単体記事を表示させても WordPress 自体は単体記事として扱わない (is_single() が false になる) ため、日時アーカイブと判断され、そういうテンプレートが適用されます。

「秒」まで含まれていないと単体記事(個別ページ)として見なされないということらしいです。
このブログは秒だけ違うパーマリンクは存在しないので(そんなに頻繁に更新してないし…)、上記を参考に wp-includes/query.php (WP2.7.1の場合1259行目付近)を以下のように編集、問題無くページタイトルが表示されるようになりました。

} elseif ( ('' !== $qv['hour']) && ('' !== $qv['minute'])  && ('' != $qv['year']) && ('' != $qv['monthnum']) && ('' != $qv['day']) ) {

気をつけないといけないのは、アップデートの度にここを編集すること。2.7から2.7.1にアップデートするときにすっかり忘れていました。おかげで今Googleの検索結果にページタイトル出てないし。

使ってるテーマ

一からデザインし直そうと思ったのですが、必ず停滞してしまうので今のところ「wp.Vicuna Ext.」を使用しています。これをベースに背景画像つけたりして終わりそう…。

標準以外で入れたプラグイン

Broken Link Checker Category Order
デッドリンクをチェックして一覧表示、記事該当箇所をdel要素で上書きする
Category Order
カテゴリの並び替え
Contact Form 7
メールフォームを簡単作成
Dagon Design Sitemap Generator
サイトマップページを作成
flickrRSS
Flickrのフィードからギャラリーを作成
Google XML Sitemaps
sitemap.xmlを作成
Ktai Style
携帯用のページを作成
Lightbox 2
lightbox.jsを簡単導入
My Page Order
ページの並び替え
Nice Trailingslashit
URLの末尾にスラッシュ(/)を追加
Popular Posts
閲覧数をもとに人気のある記事を表示
Post-Plugin Library
Similar Postsを使うのに必要
Similar Posts
個別記事ページやフィードに関連記事の一覧を表示
Simple Tags
タグ付け機能を拡張
Ultimate Google Analytics
Google Analytics を簡単導入
Vicuna Adaptor
はてブの被ブックマーク数表示やはてブ・deliciousに登録ボタンの表示など、wp.Vicuna Ext.を拡張
WordPress.com Stats
アクセス解析を管理画面から見ることができる
WordPress Database Backup
WPのデータをバックアップ、定期的にメールで送信可