A11y で芽吹き、TEDx で育った興味はどこに行くのか

「♪今年の汚れ、今年のうちに」…じゃないけど、今年の気持ちは今年のうちに書いておきたかったので、今年最後のエントリー。

今年のこと

今年の大きな変化はふたつ。
ひとつは縁あって働き方をフルリモート正社員という立場に移したこと、もうひとつは子供が就学したこと。

小学1年生と言っても、まだまだサポートは必要なので(特に勉強が)、フリーランスと正社員の中間のような働き方はマッチしている。

そのことは来年のどこかで話すと思うので、ここでは割愛。

ほかには9月末の台風での大停電。
2日間に渡って電気のない生活をした。停電になったらすぐ水を貯める(トイレ排水用)、塩を被った車をすぐ洗う。ふたつ覚えた。

前置きはそのくらいにしておいて。
今年新しく始めたことについて書いてみる。

コミュニティってなんだ?

何年か前にも書いたけど、私がウェブアクセシビリティに目覚めた原体験は、(おそらく誰もが名前を知っている)某歌手のサイトマスターをしていたときのこと。

「このホームページは代替テキストが設定されてて使いやすい」

スクリーンリーダーを利用していると思しきユーザーからの声だった。

それからというもの、ビジュアルデザインは少し苦手だけど、マークアップはよりアクセシブルにという一念でここまできた。(最近は複雑化してきて付いていけないとこもあるけど)

顔の見えない画面の向こうの人々を考えてマークアップするということは、次第に世の中をより良くしたい、という気持ちへと変わっていった。

そして2016年、「Idea Worth Spreading」という言葉に惹かれ、TEDxHamamatsu という TED からライセンスを取得して活動するコミュニティの一員(ボランティアスタッフ)となった。

地元に所縁のある人々(スピーカー)の“アイデア”を世界へ発信する1年に一度のカンファレンスはじめ、活動の広報全般を担当している。

イベントの知名度が上がるにつれ、日本人以外のスタッフや参加者、スピーカーの参加も増えてきた。

静岡西部というと“ブラジル人労働者”というイメージがひとつとしてある。製造業の現場で働いている人々もまだ多くいるが、なかには独立開業したり、地域に根ざした活動をしたりしている方もいる。

そして、近年ではベトナムやフィリピンなどのアジア圏から来日した留学生や生活者も増えている。

そのような背景を持つ人々がスタッフとして参加するようになり、なかなかうまくコミュニケーションが取れないでいるなか、「コミュニティってなんだ?」という関心が湧く。

地域に確かにいるのだが姿の見えない「生活者としての外国人」。単に自分の労働、生活環境が彼らと被っていないだけなのだが、「日本人だけの中にいること」ということに危機感を覚えた。

それが昨年までの話。

簡単なように見えて実は難しいこと

今年の夏前、市の広報誌に「日本語ボランティア養成講座」という文字を見つける。地元の国際交流協会が主催する、日本語教室の補助者になりたい人のための講座だった。

迷わず思った。「これ行きたい」と。

数回の座学で「在日外国人の現状と背景」、「日本各地における共生の取り組み」などを学び、日本語教室で実際に自分らで立てたカリキュラムを実践する。

無料の日本語教室に来るのは、技術実習生や在留者が母国から呼び寄せた家族、日本人と結婚して来日した人など、出身も年齢も日本語習熟度もさまざま。

そこではやさしく、分かりやすくゆっくりと話すことが求められる。ただ、1回の授業をすべてをそのような調子でやり取りすることは難しいので、実習では簡単な英語で説明したり、Googleの翻訳や、マップ、検索結果の画像や地図を見せたりしてもみた。

それでもまだ完全に理解したとはいかなかった。母語で学習者にやさしく伝えるということは、簡単なように見えて実は難しいのだ。

先日、こんなブログ記事を読んだ。

「Plain English」と「やさしい日本語」

アクセシビリティの文脈で「Plain English」や「やさしい日本語」が語られることはこれまであまりなかったように思いますが、たとえそれがWebであったとして、マークアップをどれだけアクセシブルにしたところで、またWeb以外のあらゆるコミュニケーションにおいても、どれだけ情報が提供されても、文章や言葉そのものに壁があれば、それは伝わらないわけですから、これはまさにアクセシビリティの問題であると考えます。

日本語教室の補助者という役割を通じて感じたのは、まさにこのことだった。

ウェブページについて言えば、技術的に頑張ってアクセシブルにしたとしても、そこに乗っかっている日本語が難しければ伝わらない(言い回しや二重否定など、自分も反省するところは多々ある)。

日本語教室で言えば、学習者にとって日常生活に馴染みがないトピックだったり、日本人が難しい言葉を早口で言ってしまうと、興味や学習の妨げになってしまう。(日本人同士で平易、ゆっくりのつもりでも、彼らには早く感じる)

そう、どちらも「アクセシビリティの問題」だ。そしていま、私はどちらのことも考えられる環境にある。

こらからどこへ行こうか

最近、あちこちで「アクセシビリティやってみた」という声を聞くようになった。それはとても喜ばしい。

個人的にはこれから制作者に求められるのは、より多くの人に寄り添えるものを作り出せる「共感力」ではないかと思っている。そして、ウェブアクセシビリティがきっかけで、世の中のことを考える人が1人でも増えるといいな、とも。

私自身の来年は、仕事では主に関わっている WordPress テーマにおけるアクセシビリティを深掘りしたいし、プライベートでは日本語教室の補助者として活動を始めたり、「伝える」ことをみんなで考える場を作りたいな、なんて思っている。

制作者が頑張って画面の中がどんどんアクセシブルになっていくとき、ふと振り向いたその実世界はアクセシブルなのか、そういうことを2019年(とその先も)は考えていきたい。

—-

最後まで長文をお読みくださりありがとうございました。あなたにとって、来年がよい年になりますように。

写真:浜辺に書いた2018

 

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(後編 – 地元)

2016年、ふたつの活動から見えてきたこと(前編)からの続きです。

地元のコミュニティ運営に参加する

もう一つの活動が TEDxHamamatsu
ここのメディアチーム(広報)としてWebサイトの運営からメンテナンスなどを担当しています。

参加するきっかけは先(前編)にも挙げた「地元のつながりが希薄なことに危機感を抱いた」こと。

自分と子供とまわりと

地元に戻って約5年、生活基盤もすっかり復活しました。
そのなかで、この先も静岡で暮らしていくなら、さまざまな人と関わりながら楽しく暮らしたいし、子供にも人や環境を通じていい刺激を与えたいな、と私は考えるようになっていきます。

TEDxHamamatsuでは、仕事では縁がないような職種や年代の方々と関われたり、使いどころの無かったスキル(※2)を役立てるよい機会になりました。不勉強を感じた分野(※3)は、さらに深く勉強するモチベーションをいただきましたし(笑)。

とにかく“ワクワクすること”の連続です。なんと言えばいいのでしょうか、インターネットにはじめて触れて世界が広がった10代の頃のような…。それに近いものを感じています。

未来へのタネを蒔こう

私の本職はWebデザイナー(主としてマークアップエンジニア)です。著作権とWebアクセシビリティに興味があって、趣味は写真とその展示。仕事内容は分業化が進んで得意分野だけが深くなっていき、この先に少なからず不安があります。

そんな人がこうして仕事以外のプロジェクトに関わり、写真や著作権の勉強で得たものを外に向けて使うことができました。自身のためだけにしてきたことが、仕事へと繋がるのではないかと自分に新しい可能性を感じたのです。また、広報というプロジェクト全体を見渡す役割を担うことで、俯瞰的にものを見る目も一層養われました。

思うに、自分の得意なことや職能で仕事と関係のないプロジェクトに関わることは、未来の自分へのタネを蒔く行為なのではないでしょうか。

考えるだけでワクワクするということ

「TEDx は価値のあるアイデアを広めるという活動である以前に、地域コミュニティである」とはオーガナイザー氏がよく口にする言葉ですが、季節ごとのスタッフ同士の集まりや、国内外の TEDx との交流にそれらがよく現れています。

そのローカルコミュニティは、TEDx という名の下この地域にとどまらず日本各地、ひいては世界に広がっている。それを考えただけでワクワクするのは私だけでしょうか?

2016年、とにもかくにも自分の居ていいと思える場所がやっと見つかったなーという気持ちです。この先も、そんなワクワクする気持ちは続きます。

後編最後に、そのワクワクってこんな感じかなーと思う TED Talk を張っておきますね。

“大規模多人数同時参加型” 指相撲?


※2 Lightroomでのアップロードや、写真展示で培ったパネル張りとか(笑)。
※3 知識のつまみ食いに過ぎなかった著作権分野。


まとめ:2016年は「しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね」

思考の整理と備忘録として、今年の活動を振り返りました。

昨年からなんとなく感じていた“波”と、それを後押しするような内容の2016年の占い。今年は「適度なよい思い込みは人生の杖」として、いつもなら信じない占いを頼りに突っ走った結果がこんな感じです(元来出たとこ勝負のアドリブ師で生きていますがw
)。ここに書き切れないほど、他にもたくさんのことがありました。

冷静に考えれば積極的に動いた結果なのかもしれません。ただ、2016年は今までになく「しあわせは歩いてこない だから歩いてゆくんだね」を実感した年であり、また、受動的に考え行動する自分から、「今の私にできることは何だろう」と能動的に行動する自分にスイッチが切り替わった一年でもありました。

さて、今年のマジメ記事はこれで終わりです。最後までお読みくださりありがとうございました。
そして、今年ご縁のあった全ての方にお礼申しあげます。

TEDxHamamatsuSalon Vol.2 で知的好奇心の交差を目撃した一日

最近外に出ることが増えたので、「大人の課外活動」なんてタグを作ってみました。
手始めに、先の日曜(5月22日)に参加した「TEDxHamamatsuSalon Vol.2」のことから。


TEDxHamamatsuSalon とは

TEDx をご存じない方のために簡単に説明を。
TEDx というのは、NHKの「スーパープレゼンテーション」でも知られる TED から正式にライセンスを受け、厳格なルールに則って運営される“TED の地方版”。日本では東京をはじめ、北は北海道から南は沖縄までの都市や大学などで活動があります。そして浜松もそのひとつ。

今回参加した TEDxHamamatsuSalon は、これまでの TED Talk を参加者全員で視聴し、その内容から感じたことをディスカッションして知見を深めようというスタイルのイベントです。

この日はスタッフ含め50名近い人たちが集まり、5人ずつのグループに分かれて2つのセッションを行いました。私は今年から TEDxHamamatsu のボランティアスタッフとして参加しており、今回が初めてのイベント体験です。

イベントのテーマは「Across with Intellectual Curiosities(知的好奇心が交差する)」。


デザインチームのMasatoさんがテーマからイメージして描き下ろしたメインビジュアル。こんなところに学生の力が発揮されています。

参加することの意義

正直言って、なにか明確な「答え」が得られるようなイベントではありません。

ひとつの主張(アイデア)を人と視聴し、意見を交わし、そこから自分にはないものを感じ取って自身の活動につなげていく。これは一人ではできないことです。

また、普段と違う刺激を受けてじっくりと内観すること。普段の仕事や勉強を離れ、ひとまわり大きな視点で問題を観察してみる。それはすぐに実らなくても後の気づきや発想のきっかけになったり、会話のキーになったりするのではないでしょうか。すぐに成果や答えをを求められることが多い今の世の中では、逆にそれが大事なのかと思っています。

個人的には動画やテレビに時間を拘束されるのが苦手なので、見るための時間を確保できるというのはありがたいです。これは映画を劇場で観ることと似てますね(笑)。


会場は旧消防庁舎をリノベーションした「鴨江別館(アートセンター)」。趣あります。
Photo by TEDxHamamatsu / CC BY-NC-ND 2.0

プログラム: Ice Break 「トム・ウージェック:塔を建て、チームを作る」

まずは“つかみ”として視聴したのがこのトーク。発想力を問われるマシュマロタワーの制作を通し、チームをいかにしてゴールに導くか?ということを問う内容です。

視聴の後に実際にマシュマロチャレンジを行ってみました。
20本のスパゲティと90センチのテープと紐を使い、18分(今回は10分)でいかに高い場所にひとつのマシュマロを設置できるかという作業。これが意外と難しい。私のチームは63センチを記録したものの、最後まで自立することができず結果は0センチでした(笑)。

スパゲッティで作った三角形の構造物に刺さっているマシュマロ
Photo by TEDxHamamatsu / CC BY-NC-ND 2.0

マシュマロチャレンジは彼らが隠れた仮定を見出すのに役立つのです。

私が身を置くWeb制作界隈でも最近よく言われる「プロトタイプの重要性」に、このトークの内容が繋がるなーと思いながら観ていました。

プログラム: Session 1 「Curiosity(好奇心)」

模造紙に興味を書き出しディスカッションするグループメンバー
Photo by TEDxHamamatsu / CC BY-NC-ND 2.0

「興味があるけど実行できてないことを挙げてみよう。」
Session 1 は、3つのトークを視聴したあとにそこから開始。テーブルに広げられた模造紙に5人のグループメンバーが各々書き出していきます。

では、どうしたらその“興味があること”を実行できるのか。グループ内でディスカッション(堅苦しいものではなく、おしゃべりに近い感じ)したり、他グループの意見を聞いたりするなどして“知の再発見”を図ることに。

私の現実味を帯びている“興味があること”は、実行する気持ちを押してもらえましたし、先延ばしになっているものは、歳をとるごとに厚くなっていく「清水から飛び降りる気持ち」が原因なんだと再確認しました。

Session 1 の TED Talk

※ ティム・アーバン氏のトークは、GIGAZINEでも取り上げられた ので知っている方も多いかもしれませんね。お猿のあれです。

プログラム: Session 2 「Passion(情熱)」

熱中シートに熱中していることを書き出す女性参加者。
Photo by TEDxHamamatsu / CC BY-NC-ND 2.0

オーガナイザー(主宰者)曰く「重いテーマ」のトークが揃った Session 2。
感じるところはそれぞれだったようですが、物事を分解して自分のピースと照らし合わせるのが大好きな私は、こちらの方が実は盛り上がり…。社会人になってからの出来事や自身への不満、そういったものを一つずつ解きほぐすようにトークを視聴していました。

このセッションでは「熱中シート」に書き出したことへの熱中度を星で示し、グループ内で発表をしました。哲学的なテーマのため少し難しく感じるところもありましたが、もう少しトークについての感想を交換できるとよかったかなと思います。

Session 2 の TED Talk

まとめ

この手のイベントは「敷居が高い」ものと取られがちです。
しかしふたを開けてみれば大学生から還暦以上の方まで、さまざまな“知りたがり”の人々が集まる和気あいあいとした会でした。休憩時間にはお菓子を食べながらおしゃべりしたり、アフターパーティーでは美味しい料理を食べ、お酒を飲みながらワイワイとお互いのことを語り合ったり。

異業種交流会とも似ていますが、TEDx のルールで営利的なことは認められていないため純粋に「知的好奇心の“交流”」を図ることができる貴重な場だと思います。


地元で評判のイタリアンのケータリング!おいしくて食べ過ぎました。:P

TEDxHamamatsu では、浜松市内外のスピーカーがトークを行うスタンダードイベントの開催が2016年9月に決定しています。私は昨年のイベント参加を逃してしまったため、今からとても楽しみでなりません。

一般参加者(パティシパント)の応募も開催近くには公式WebサイトFacebookページで告知されると思いますので、浜松近郊(それ以外でもOK)で面白いことないかなーと思っている方はぜひ覗いてみてください。


恒例の「X」ポーズで記念撮影して無事終了しました!
Photo by TEDxHamamatsu / CC BY-NC-ND 2.0