EyeEm のススメ、2015

写真共有サービス「EyeEm」(アイエム)を使い始めて1年が過ぎました。
だんだん面白さが分かってきたので、ちょっとここいらでまとめてみようと思います。

そもそも EyeEm とは

日立ソリューションズ IT用語辞典によれば…

EyeEmとは、EyeEm Mobile GmbHが運営するiOSおよびAndroid向けの写真共有アプリである。
写真を撮影する際に、上下左右にスワイプすることで多数用意されているフレームとフィルターを切り替えることができ、撮影した画像のトリミングなども可能である。撮影した写真は、トピックスと場所を追加して、投稿することができる。

これだけだと、今が旬(?)の Instagram と何が違うのー?って感じですが、1年使った皮膚感覚では “Instagram の気軽さ手軽さ”と “Flickr のコミュニケーション機能”を取って合わせたのが EyeEm だと思っています。

EyeEm との出会い

2014年4月頃だったでしょうか。Twitter のタイムラインに 写真雑誌の「PHaT PHOTO」と EyeEm がコラボしてコンテストをするよーというのが流れてきまして。それにはかすりもしませんでしたが、Instagram に不満があったことと、EyeEm の魅力にはまって今に至ります。

普段の撮影はデジタル一眼とフィルムカメラですが、EyeEm はモバイルだけで楽しもうと思い、撮影機材は iPhone 5s とサンワサプライの拡張レンズ、撮影アプリはCamera+、フォトエディターは EyeEmEnlight を併用しています。

EyeEm のススメ

EyeEm は無料のサービス(アプリ)なので、ユーザー登録さえすればすぐ始められます。でも Instagram との違いが分かりにくいと思うので、違いと惚れ込んでいる点とを挙げてみます。

写真のクオリティが高い

Instagram は「写真版 Twitter」 ともいわれるほど“コミュニケーションとしての写真”アプリですが、EyeEm は“作品として意識した写真”をアップしている人が多いように感じます。なので、クオリティが高めの写真が多くアップされています。

写真のフォーマットは Instagram のような真四角だけではなく、どんなサイズの写真でも(パノラマでも!)アップできます。

パノラマもアップできる

最近はどのアプリも編集機能に力を入れていて“竹の子の背比べ状態”ですが、EyeEm はフィルターをスワイプで切り替えられるのがいいなーと思っています。

EyeEmの編集、投稿画面

それから、ユーザーが写真に適用した効果をそっくりまねできる「Open Edit」という機能があるんですが、これが結構勉強になります。

ミッションで技を磨く

ミッションとは、EyeEm 内でいつも何かしら開かれている写真コンテスト。入選すると報償がもらえるそうです。企業がスポンサーのミッションもあれば、EyeEm が主催のものもあります。 ちょうど先日から The 2015 EyeEm Photography Festival & Awards が始まったばかり。

ミッションの募集画面

新しい写真との出会いが豊富

Instagram で一番不満に思っていたのが「未知との出会いが少なくなってしまった」ということ。検索性も悪いですしね。(そこは改善していくらしいですが。)

EyeEmの検索結果画面

その点、EyeEm ではアルバム(タグ)という単位でダッシュボード(メイン画面)が構成されているので、アルバムに追加された写真を一覧で見ることができます。ダッシュボードに表示されるアルバムは毎回ランダムなので、未知の写真との出会いが沢山あるというわけです。ここが Flickr っぽいかなという思うゆえんです。

EyeEmのダッシュボード

もちろん、Instagram のように気に入ったユーザーは友だちとしてフォローすることもできるし、写真に“いいね(ハート)”を付けることもできます。

コミュニティの形成に積極的

EyeEm は Webサイトのトップに“A community & marketplace for real photography”と掲げるだけあって、インターネット外(リアル)でのコミュニティ形成に積極的な印象があります。

年に何回か EyeEm Meetup や Global EyeEm Adventure といった、オフラインでのイベントが開催されています。これは全世界から主催者を募り、その地域のユーザーが集まって“フォトウォーク”をするというもの。日本ではやっぱり東京が一番盛んかな。

近々では今週末の6月6日(土)に Golobal EyeEm Adventure が世界40都市で開催されます。日本では東京と静岡。静岡は私がホストをつとめます。お近くの方はぜひ。

写真の販売プラットフォームでもある

去年の秋ぐらいからだったと記憶していますが、EyeEm が写真の販売プラットフォームとしても機能し始めました。登録された写真は独自の EyeEm Market と、 Getty Images と提携した EyeEm コレクション で販売されます。

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本久美子、以下ゲッティ イメージズ)は、高品質モバイル写真コミュニティ、マーケットプレイスであるEyeEm(アイエム)とパートナー提携を結びました。これによりEyeEmの写真を、ゲッティ イメージズとiStockからライセンスできるようになります。
via ゲッティイメージズ プレスリリース

最近のアップデートで、アプリから直接販売申請できるようになりました。
私は現在100点近く Market にアップしてますが、やーっと1点売れたところです。(これについてはまた後日。)

まとめ

まぁ早い話が「モバイルフォトグラファーなら EyeEm 使っときなよ!」ということです(笑)。
でも残念な点もあって、アプリは日本語化されているのに、ミッションの説明や Market が英語のみということ。私は好き者なので辞書を引きつつやってますが、まだちょっと敷居が高いですね。

でも、日本で一番 EyeEm の情報が多い(と思う)ブログ favLife with iPhoneや、日本ユーザー有志のFacebookグループ(承認制)があるので、そこをのぞいてみるのも良いかもしれません。

ということで、長々と EyeEm愛を語ってみました。
あ、最後になりましたが私はここにいます

帰ってきたWeb屋の健康管理2013

2年10ヶ月ぶりのこんにちは。
今年最初のエントリーにして年末感満載のタイトルで失礼します。

totoco.org というドメインを取得して早10年、若気の至り満載だったWeb屋もそろそろ健康などを考えるお年頃となりました。

特に2011年に娘を出産してからは、産後のいろいろで体調が芳しくなく伏すことも多かったのですが、11月からまたWeb屋として復職しました。(ただし時間勤務ですが…これについてはまた後ほど。)

ここ半年は特に肩こりやら20年来の猫背やらで少々困っていたのですが、あれこれ手を尽くした散財の記録を書いてみたいと思います。(一部女性向けの内容です。)

買ってみたもの Best3

【1】ストレッチポール

言わずと知れたただの棒…で・す・が、馬鹿にならないんです。
使うようになってから半年経ちますが、猫背、巻き肩が気にならない程に改善。(鏡前で横向きになって確認すると特に分かります。)自然と伸びた姿勢を取れるようになりました。

今回はAmazonで正規品を購入。量販店で類似品が売っていますが、芯となっている素材が柔いことがあるため、発泡オレフィン系樹脂を使ってへたりにくい正規品がおすすめです。

【2】Backjoy Posture Plus

せっかく良くなった姿勢も、日々のデスクワークで悪くなっては意味がありません。これは姿勢矯正クッションを物色しにロフトに行ったときに見つけたもの。

骨盤を立たせて腰への負担を減らし、姿勢を正す補助シート。
少々お値段が気になりましたが、さんざん試座しながらネット上での反響をみつつお買い上げ。座り方にコツがいるため、100%姿勢を正しくキープできているかは謎ですが、少なくとも足を組む癖の抑止力にはなっています。

近場のロフトでは、黒、ピンク、青しか置いてなかったため、無難に黒を購入。なんだか味気ないので、アタッチメントの花も一緒に買ってみました(笑)。

ネットでのレビューを見ると「長時間座れる!」とか「疲れない!」とかありますが、見たレビュワーに男性が多かったせいでしょうか、体幹筋肉の弱い私のような女性は少々疲れるかもしれません。それと、長時間座り続けられるといっても、姿勢に良くありませんから、一時間に一度ぐらいは休憩して伸びでもしましょうね(笑)。

【3】健康管理iPhoneアプリ

これは使ってる方も多いと思います。
以前からPeriod Trackerを使っていましたが、今年導入したのは、MovesとSleep Cycle。

説明しなくてもいいですね、これは^^;
Movesを入れてから、毎日の歩数の伸びを見るのが楽しくなりました。iPhone上ではMomentoと連携して、行動のライフログとしても使用しています。

Moves の解説(AppBank)