【Advent Calendar】親子互いに気持ちよく「動画」を楽しむには

昨年の Advent Calendar で「子供とインターネット」というものを見つけて、次は書いてみたいなと思っていました。ということで、「子供」x「アプリ」+「α」 Advent Calendar 23日目の記事です。

我が家の子供4歳(♀)、ここ1年くらいの間で YouTube 動画(以下、動画)をたしなむようになってきました。今回は、子供と親がお互いに気持ちよく動画を楽しむには?という視点で書いてみたいと思います。

動画ことはじめ

私は映画は好きですが、あまり動画コンテンツを見ません。
そんな私が一番最初に子供に動画を見せたのは、日中爪切りをするとき。とにかくちょこまかする人で、なかなか切らせてくれません。(最近は夜寝静まってからにしています。)そんな時に思い出したのが、友達の旦那さんがスマホで動画を子供に見せていたこと。動画を普段見ない私は目から鱗でした。

そんなことから爪切り時に動画デビューした我が子、スポンジのような脳はいろいろなことを吸収します。“ガラスに覆われた平たい板”の中には動画が詰まっていることしっかり覚えました。

親の頭の中、子供の頭の中

それからというもの、育児に動画の手を借りることが多くなりました。
歯磨きや着替えなどの生活習慣を学ぶためだったり、好きなキャラクターの公式チャンネルを一緒に見たりするなど。しかし知らない間に覚えてくるんですよね、子供って。おもちゃ紹介動画に味をしめ、「動画見たい!!」と駄々を言うことが増えてちょっと困ってしまいました。

ちょっと整理します。

子供の頭の中

  1. アンパンマンの動画みたい!
  2. 動画見たい!動画見たい!
  3. もっと見たい!見たい!
  4. (以下繰り返し)

母の頭の中

  1. 味をしめてしまった以上、完全にダメとはいえない(いとこ達も動画を見ている手前)
  2. 姿勢や視力への影響を考え、できればスマホの小さい画面で見せたくない
  3. YouTubeアプリ(Web版も)だと関連動画リストが出てきて「次これ!」と際限なくなる…困ったな

そうだ!Chromecast を買おう

同じころ、とあるブログ記事で娘さんとその筆者が Chromecast で hulu を楽しんでいるというものを読み、これ良さそうだなーと思って調べてみました。
画質さえ気にしなければ、動画をテレビで見られるのは画面から距離も離れるしいいなーと。半分は自分が使いたいという不純な動機ですが(笑)。値段も4,000円弱で気軽に手を出せますしね。

Chromecast 導入してよかった点

というわけで我が家にやってきた Chromecast。予想以上に高得点です。

  1. 親の頭の中 2 だいぶ解消(姿勢・視力への影響悩み)
  2. いくつ見るか約束して先にプレイリストに入れておき、見終わったらおしまい(もしくは交渉)
  3. 関連動画が表示されないので、「おしまい」という区切りがつけやすい
  4. 離れていても スマホアプリ側でコントロールできる
  5. スマホが空くので他のこと(レシピ見たりとか)ができる

相手が子供なので毎回そう上手くはいきませんが、以前に比べて「動画」でやきもきすることは減ったと思います。

また、私だけでなく義理の父も動画を見せてくれることがあるので、その時はできるだけ大きい画面(ブラウザ最大化)で、時間を守って見せるようお願いをしてあります。

まとめ

最近では見たいものの興味が広がり、動画を見ることも減ってきました。もちろん外の遊びも大好きですし、家では他の遊びもします。動画が悪いとは決して思いません。しかし、皮膚感覚ですが他の映像作品と比べて中毒性があるかな…と感じています。

動画コンテンツが身近になりすぎた今日、いいところを上手に取り入れながら楽しく使っていきたいですね。

EyeEm のススメ、2015

写真共有サービス「EyeEm」(アイエム)を使い始めて1年が過ぎました。
だんだん面白さが分かってきたので、ちょっとここいらでまとめてみようと思います。

そもそも EyeEm とは

日立ソリューションズ IT用語辞典によれば…

EyeEmとは、EyeEm Mobile GmbHが運営するiOSおよびAndroid向けの写真共有アプリである。
写真を撮影する際に、上下左右にスワイプすることで多数用意されているフレームとフィルターを切り替えることができ、撮影した画像のトリミングなども可能である。撮影した写真は、トピックスと場所を追加して、投稿することができる。

これだけだと、今が旬(?)の Instagram と何が違うのー?って感じですが、1年使った皮膚感覚では “Instagram の気軽さ手軽さ”と “Flickr のコミュニケーション機能”を取って合わせたのが EyeEm だと思っています。

EyeEm との出会い

2014年4月頃だったでしょうか。Twitter のタイムラインに 写真雑誌の「PHaT PHOTO」と EyeEm がコラボしてコンテストをするよーというのが流れてきまして。それにはかすりもしませんでしたが、Instagram に不満があったことと、EyeEm の魅力にはまって今に至ります。

普段の撮影はデジタル一眼とフィルムカメラですが、EyeEm はモバイルだけで楽しもうと思い、撮影機材は iPhone 5s とサンワサプライの拡張レンズ、撮影アプリはCamera+、フォトエディターは EyeEmEnlight を併用しています。

EyeEm のススメ

EyeEm は無料のサービス(アプリ)なので、ユーザー登録さえすればすぐ始められます。でも Instagram との違いが分かりにくいと思うので、違いと惚れ込んでいる点とを挙げてみます。

写真のクオリティが高い

Instagram は「写真版 Twitter」 ともいわれるほど“コミュニケーションとしての写真”アプリですが、EyeEm は“作品として意識した写真”をアップしている人が多いように感じます。なので、クオリティが高めの写真が多くアップされています。

写真のフォーマットは Instagram のような真四角だけではなく、どんなサイズの写真でも(パノラマでも!)アップできます。

パノラマもアップできる

最近はどのアプリも編集機能に力を入れていて“竹の子の背比べ状態”ですが、EyeEm はフィルターをスワイプで切り替えられるのがいいなーと思っています。

EyeEmの編集、投稿画面

それから、ユーザーが写真に適用した効果をそっくりまねできる「Open Edit」という機能があるんですが、これが結構勉強になります。

ミッションで技を磨く

ミッションとは、EyeEm 内でいつも何かしら開かれている写真コンテスト。入選すると報償がもらえるそうです。企業がスポンサーのミッションもあれば、EyeEm が主催のものもあります。 ちょうど先日から The 2015 EyeEm Photography Festival & Awards が始まったばかり。

ミッションの募集画面

新しい写真との出会いが豊富

Instagram で一番不満に思っていたのが「未知との出会いが少なくなってしまった」ということ。検索性も悪いですしね。(そこは改善していくらしいですが。)

EyeEmの検索結果画面

その点、EyeEm ではアルバム(タグ)という単位でダッシュボード(メイン画面)が構成されているので、アルバムに追加された写真を一覧で見ることができます。ダッシュボードに表示されるアルバムは毎回ランダムなので、未知の写真との出会いが沢山あるというわけです。ここが Flickr っぽいかなという思うゆえんです。

EyeEmのダッシュボード

もちろん、Instagram のように気に入ったユーザーは友だちとしてフォローすることもできるし、写真に“いいね(ハート)”を付けることもできます。

コミュニティの形成に積極的

EyeEm は Webサイトのトップに“A community & marketplace for real photography”と掲げるだけあって、インターネット外(リアル)でのコミュニティ形成に積極的な印象があります。

年に何回か EyeEm Meetup や Global EyeEm Adventure といった、オフラインでのイベントが開催されています。これは全世界から主催者を募り、その地域のユーザーが集まって“フォトウォーク”をするというもの。日本ではやっぱり東京が一番盛んかな。

近々では今週末の6月6日(土)に Golobal EyeEm Adventure が世界40都市で開催されます。日本では東京と静岡。静岡は私がホストをつとめます。お近くの方はぜひ。

写真の販売プラットフォームでもある

去年の秋ぐらいからだったと記憶していますが、EyeEm が写真の販売プラットフォームとしても機能し始めました。登録された写真は独自の EyeEm Market と、 Getty Images と提携した EyeEm コレクション で販売されます。

ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:島本久美子、以下ゲッティ イメージズ)は、高品質モバイル写真コミュニティ、マーケットプレイスであるEyeEm(アイエム)とパートナー提携を結びました。これによりEyeEmの写真を、ゲッティ イメージズとiStockからライセンスできるようになります。
via ゲッティイメージズ プレスリリース

最近のアップデートで、アプリから直接販売申請できるようになりました。
私は現在100点近く Market にアップしてますが、やーっと1点売れたところです。(これについてはまた後日。)

まとめ

まぁ早い話が「モバイルフォトグラファーなら EyeEm 使っときなよ!」ということです(笑)。
でも残念な点もあって、アプリは日本語化されているのに、ミッションの説明や Market が英語のみということ。私は好き者なので辞書を引きつつやってますが、まだちょっと敷居が高いですね。

でも、日本で一番 EyeEm の情報が多い(と思う)ブログ favLife with iPhoneや、日本ユーザー有志のFacebookグループ(承認制)があるので、そこをのぞいてみるのも良いかもしれません。

ということで、長々と EyeEm愛を語ってみました。
あ、最後になりましたが私はここにいます